ドリフトミーティング Round-85 in 宮城 イベントレポート

2016年11月13日

 11月13日(日)に宮城県仙台市にあるホビーショップタムタム仙台店にてヨコモドリフトミーティングR85を開催いたしました。ドリフトチャレンジに続き今年で2回目となるヨコモイベントのヨコモドリフトミーティング、エキスパートクラス9名、D1クラス8名、RWDクラス19名の計36名の参加者がありました。

 タムタム仙台店様のサーキットはインドアのアスファルトサーキットで、グリップ力が若干高く、ハイスピードドリフトの展開が期待されました。コースレイアウトは前日の営業終了後に参加者がイコールコンディションになるように変更いたしました。開催クラスはエキスパートクラス、D1クラス、RWDクラスの3クラスで、エキスパートクラスは予選単走4本、決勝は8名の単走2本、D1クラスとRWDクラスは予選単走4本、決勝は8名によるトーナメントで行いました。

 エキスパートクラス予選ではキャリパー鈴木選手、釜エボ選手、のぐっちょ選手が同ポイントでしたが、セカンドポイントにより予選1位キャリパー鈴木選手、2位 釜エボ選手、3位 のぐっちょ選手となりました。決勝は8名の単走2本ということで予選上位の選手も高ポイントを出さなければ表彰台も厳しい状況となります。
 決勝では予選1位のキャリパー鈴木選手でしたが、決勝2本ともミスをしてしまい表彰台を逃してしまいます。優勝は見事88点の高得点をたたき出した釜エボ選手が優勝。2位にはのぐっちょ選手、3位にはツヨシ選手という結果になりました。上位3名は次回D1クラス昇格となりました。

 注目のD1クラスでは谷田部アリーナのヨコモドリフトミーティングに参加していただいている選手も多く、ハイレベルな戦いとなることが予想されました。予選ではワールドクラス権利持ちの2名なおっきー選手とイツKI選手がいる中、ヒロミ選手が圧巻のドリフトを決め98点の高得点を出し予選1位は確定かと思われましたが、次に出走の昨日は絶好調選手がヒロミ選手を上回るドリフトを見せつけ、99点の高得点でヒロミ選手を逆転し暫定1位を決めました。その後、ゆうき@仙台選手も会心のドリフトを決め歓声があがりましたが、わずかに得点が足りず3番手になりました。予選結果は昨日は絶好調選手が1位、2位にヒロミ選手、3位にゆうき@仙台選手となりました。
 決勝は1回戦目からワールドクラス権利持ちのなおっきー選手とイツKI選手の対戦となりました。わずな得点差でなおっきー選手を下し、イツKI選手がセミファイナルに進出。
 セミファイナルは予選上位3名のヒロミ選手とゆうき@仙台選手の対戦、昨日は絶好調選手とワールドクラス権利持ちのイツKI様の対戦となりました。昨日は絶好調選手とイツKI選手の対戦は、昨日は絶好調選手がミスをしてしまいイツKI選手が勝者となりました。
 ヒロミ選手とゆうき@仙台選手の対戦は終始安定したドリフトを決めたヒロミ選手が決勝進出しました。決勝は絶好調だったヒロミ選手がわずかにミスをしてしまいイツKI選手がD1クラス優勝となりました。

 RWDクラスは予選では得点が接戦の中、悪っち選手が90点の高得点を出し予選トップ通過いたしました。決勝トーナメントではちダックス選手が次々と強豪を下し決勝戦まで進出しました。決勝戦は安定した悪っち選手と強豪を下してきたちダックス選手の対戦となりました。勝負はここまで好調だったちダックス選手がミスをしてしまい悪っち選手の優勝となりました。3位決定戦は3回のサドンデスを制したなおっきー選手となりました。

今後のドリフトミーティングのスケジュール

11月20(日) ヨコモドリフトミーティングR86 in 滋賀 RC MECCA
12月4日(日) ヨコモドリフトミーティングR87 in 福岡 K-STADIUM
12月10日(土)、11日(日) ヨコモ ドリフトミーティング スペシャルラウンド 2016 谷田部アリーナ

多くの皆様のご参加をお待ちしております。