らじこん屋東近江店 K2サーキット第3戦 レポート
2017年7月9日(日) レポート by らじこん屋東近江店

 レースは、予選方式が5分の周回2ラウンド、決勝は10分位としました。 今回は11名の参加を頂きましたので、Aメイン決勝は、決勝はBメインからの2名の勝ち上がり方式です。
 レギュレーションは、YD-2TC スケールクラスにボディは他社製OKとし、タイヤの回転数はコースサイズに合わせた3400 rpm 以下で行いました。

 予選は店長(ハンデあり)が、22L 5.08.208でPP、2位はハンデありの 小塚選手、3位は同じくハンデありの田中GL選手、4位には最大ハンデの松井選手、5位は酒井選手。

 ここからはBメインとなり、6位澤井選手、7位長選手、8位田中選手、9位市田選手、10位に当日シェイクダウンの谷本選手、11位は 紅一点の 田中妹選手となりました。

  決勝ではBメインスタートから長選手が逃げ、澤井、田中、谷本選手が追う展開に。中盤で長、谷本、市田選手が等間隔で進む、谷本選手がミスで遅れた。1位 長選手、2位 市田選手、3位 谷本選手、4位 田中選手、5位 澤井選手、6位 田中妹選手となりました。長選手と市田選手が勝ちあがりです(市田選手は初Aメイン入り!)

 Aメインの予選上位4台はハンデありの選手が占めました。スタートから店長、田中GL、小塚、松井選手がトップ争いを繰り広げます。2連勝中の松井選手はハンデが最大になったため、トップ集団のペースについて行けなくなります。トップ争いは店長、田中GL、小塚選手となり、4位は単独走行の松井選手、5位争いは長、酒井、市田選手の順となる。終盤は最高速度で勝る長選手が松井選手をパスして終了。

 優勝 田中GL選手、2位 小塚選手、3位 長選手、4位 松井選手、5位 市田選手、6位 酒井選手、7位 店長(賞典外)となりました。
 松井選手の2連勝で始まった YOKOMO 2WDツーリングカー 全日本選手権地区予選は、新ウィナー誕生で中盤戦に入っていきます。
 当レースは、ハンデが重くなる選手、軽くなる選手があります。詳しくは店頭で。 また来月も沢山のご参加お待ちしています。

らじこん屋東近江店 http://members.e-omi.ne.jp/kubosakaeshoten/