ドリフトチャレンジin滋賀 開催レポート
開催日:2017年3月19日(日) 滋賀県甲賀市/RC SHOP MECCA

 滋賀県甲賀市にあるRC SHOP MECCAにてドリフトチャレンジin滋賀を開催しました。RC SHOP MECCAでは一昨年から毎年ドリフトチャレンジを開催しており、毎戦AWD、RWDともに参加人数の多いサーキットとなっております。

 レイアウトは反時計周りで、立ち上がりからスピードを乗せて、審査席に向かって真っすぐ飛ばしてくるというスタンダードなレイアウト。今回重要になったのが振り出し位置。普段走り慣れているラインと、イベント時のラインが若干違う事により、午前中は常連ドライバーもなかなか高得点を出せずにいましたが、ドリフトチャレンジはフリー走行を空き時間に多く作っているため、午後からの予選、決勝までには審査ラインを攻略する選手が続出し、参加者の多くがハイレベルな走りを連発していました。

 昼休憩時間にはYD-2 EXの試乗会を開催。YD-2ユーザー様含め、試乗会に参加している選手の方々からは「扱いやすい、スピンしづらい」といったコメントが多く寄せられました。今回も試乗車は、YD-2 EX同梱のセッティングシート通りのセットアップになっており、各サーキットでの順応性も、高い評価となりました。

コンクール・ド・エレガンス  
De Morais Alexandre選手


■ AWDエキスパートクラス

優勝 ゴルゴ選手
2位 シンクン選手
3位 SADA選手

 エキスパートクラスのみの開催となったAWDクラス。今回、1クラスのみの開催となったため、普段ではTOP 8のみで行われる決勝戦ですが、今大会は敗者復活戦を行いTOP10での争いとなりました。そんな敗者復活戦を勝ち上がってきたのが、ゴルゴ選手とシンクン選手。予選はトップ通過の選手が最後に走るという出走順になっており、敗者復活の2名が最初に走るという展開になりました。その2名がいきなり99.0点をマーク。その後走る選手も90点後半を叩き出す選手も多かったのですが、99.0には届かず。最終的にはセカンドポイントの差でゴルゴ選手が優勝。2位がシンクン選手、3位には常に高得点を出し続けたSADA選手となりました。

■ RWDビギナークラス

優勝 坂井 充選手
2位 広瀬 清選手
3位 トビ選手

 RWDビギナークラスも近年飛躍的にレベルがあがりました。RWDクラス発足当時はスピンする選手が多くみられましたが、近年急激なドライバー、マシンの進化からスピンする選手はほとんどおらず、角度を付けたアグレッシブな走りをする選手も増えてきました。とくに、TOP3の選手はエキスパートクラスにも引けを取らない素晴らしい走りでした。その他の選手も90点越えの得点を出し白熱の決勝戦となりました。

■ RWDエキスパートクラス

優勝 TAKUMI選手
2位 ゆーすけ選手
3位 JABA選手

 RWDビギナークラスを終えた後にすぐに行われたエキスパートクラス。やはりエキスパートクラスは速度、角度ともにハイレベル。今回の審査の中で重要視されたのがRWDでは非常に難易度の高い、角度を付けた縦飛ばし。そんな難易度の高い審査基準の中素晴らしい走りを魅せたのが、TAKUMI選手。練習走行から、予選、決勝と常に攻めた走りで初優勝を掴みました。

 単走決勝終了後に行われた追走エキシビジョンマッチ今年から、ドリフトチャレンジでは単走だけでは無く追走も経験して頂けるように、全員追走に進出できるAWD・RWD追走エキシビジョンマッチを開催しています

AWD追走エキシビジョンマッチ
優勝 KANDA選手

RWD追走エキシビジョンマッチ
優勝 TAKUMI選手

RC SHOP MECCA  http://mecca5050.com/