全国各地で行うヨコモGT選手権の上位入賞者、各シリーズ地区予選選手、最終予選入賞選手の皆様で行われる「ヨコモGT全日本選手権」を2011年11月27日、谷田部アリーナで盛大に開催する事が決定しました。新しい時代の競技用RCカー、ヨコモGT選手権では、今までの競技用RCカーでは得られなかった楽しさ、面白さにきっとお喜び頂ける筈です。お近くのサーキット会場で行われる予選会に奮ってご参加下さい! 以下はレースレギュレーションです。

 但し、年末開催のヨコモGT全日本選手権は、GTストッククラスとGTオープンクラスの2クラスのみで行います。

クラス GTフレッシュマン GTストック GTオープン
シャーシ ヨコモGTシリーズ用
ボディ
タイヤ/インナー
ホイル
モーター キット標準 290サイズ(YM-GT290) ヨコモZEROブラシレス21.5T
(YM-BL215)
スピードコントローラー ヨコモ製
SCR-DS
SCR-6708T
SCR-6712
ヨコモ製
SCR-DS
SCR-6708T
SCR-6712
BL-PRO
BL-RS
BL-SP
BL-PROR
BL-RSR
ヨコモ製
BL-PRO
BL-RS
BL-SP
BL-PROR
BL-RSR
BL-PRO2
BL-RS2
BL-SP2
バッテリー ヨコモ スポーツ1400S
(YB-14SP)
ヨコモ製 Li-poバッテリーのみ
7.4V/4000mAh以下
ギヤ キット標準品 スパーギヤ:74T(GT-24SP74) ピニオンギヤ:17T(BM-4817 or PG-4817)
グリップ剤 禁止 サーキット規定に準ずる
全装備重量 1000g 910g 980g
オプションパーツ 禁止 ヨコモ製に限る(YOKOMO R12用含む)

第1回 ヨコモ GT全日本選手権 開催要項

●開催日:2011年11月27日(日)
●開催場所:谷田部アリーナ
●内容:ヨコモGTのワンメイクレース
●クラス:ストッククラス(GT290モーター)と、オープンクラス(ブラシレス21.5Tモーター)の2クラス制

●参加資格
全国各地のショップ及びサーキットで開催される予選会にて参加権利を得た選手のみが参加出来ます。
各ショップ及びサーキットでの予選会においては、シリーズ戦上位入賞者(各クラス4名)が予選通過者となります。

●各地でシリーズ戦を行う場合のドライバーポイント
決勝レースの結果に従って、ポイントがドライバーに与えられます。各ショップ主催のシリーズ戦において獲得ポイント数の多い選手が地区チャンピオンとなります。選手の合計ポイントが同ポイントで並んだ場合は、上位入賞回数の多い方が上位となります。

・ポイント例:1位(20P) 2位(15P) 3位(11P) 4位(8P) 5位(6P) 6位(5P) 7位(4P) 8位(3P) 9位(2P) 10位(1P)
・特別ポイント:予選TQ獲得者(+3P)※、予選・決勝を通じてのベストラップタイム獲得者(+2P)

※TQ=Top Qualify(予選1位・ポールスタート)
※シリーズ戦において、ポイントの付け方と有効ラウンド数(何戦中、何戦のポイント合計を有効とするか)は主催者によって異なる場合があります。

●レース方式
予選は5分間のベストラップ又は周回レース。
決勝はAメインのみ8分間を1本、Bメイン以下は5分間の周回レース
※レース時間は主催者によって異なる場合があります。

●レギュレーションの補足
・モーターは標準品のみ使用可能。無改造であること。
・モーター用コネクターの変更又は直付け(アンプ用コードとの半田付け)はOK。
・バッテリーコネクターが付いている事。コネクターの種類は自由(ヨーロピアンタイプ・バナナタイプもOK)。但しフレッシュマンクラスのみコネクターの変更は禁止とします。バッテリーに対しての加工( ケースを取り外す、デカルやシュリンクを剥がす、シュリンクに穴をあける等) は禁止。
・アンプのキャパシター又はダイオード類は、購入時に付属しているもののみ装着可能。
・ウイングは無改造であり、他車種及び他社製からの流用は認めない。リヤディフューザー及びアンダーパネルはボディに付属しているものを必ず装着すること。空力的付加物の追加や、リヤディフューザー、アンダーパネル、カナード、ウイング等のサイズアップは禁止。ボディカットはカットラインに沿って行う事。
・タイヤへの加工や改造は禁止。タイヤウォーマー他、コースインする前に、タイヤを温める一切の行為は禁止。
・ハードタイプ アンテナの使用は禁止。

ヨコモ製品 取り扱い店リスト

プロモーションムービー

ヨコモ オフィシャルサイト