チームヨコモBD8がワンツーフィニッシュ!Speed King Tour Round-2
開催日:2017年4月16日

 和歌山県紀の川市のTMサーキットにて、Speed king tour 第2戦が開催されました。チームヨコモからは、モディファイドクラスに永島友吾、秋山直輝、後藤颯太、小柳津将之、坂東賢、岩清水貴弘、スーパーストッククラスに森田直也が参加しました。

 このコースの特徴は、アウトドアサーキットとは思えないほどのハイグリップ路面で、ハイサイドするマシンが多く見られるほどです。またその一方では、コースが山間部にあるので風が強く吹くとその路面は一変してアンダーステアやグリップを失ったりと、マシンの路面に対するキャパシティの高さが求められます。

 レース当日、路面状況は比較的安定しているように見えましたが、世界のビッグレースで活躍するドライバーでさえもセッティングに苦しむような難しい状況の中、チームヨコモはチームワークを発揮しセッティングの方向や路面状況の判断を的確に進め、予選では永島友吾が310ポイントのパーフェクトポイントで予選TQを獲得、さらに秋山直輝が予選3ラウンドともに2位ゴールで3番グリッド、4位に坂東賢、現役全日本チャンピオンの後藤颯太が5位からのスタート、予選はTOP5を4台のBD8が占めるという圧倒的なパフォーマンスを見せ決勝に進出しました。

 このSpeed king tour の特徴でもある7分間の決勝では、最終ラップまで永島友吾がトップを走るものの、不運にも後続とのクラッシュによりリタイア、しかしその後ろを走っていた後藤颯太と秋山直輝でチームヨコモとBD8のワンツーフィニッシュを決めました!また、シリーズポイント争いでも後藤颯太がトップに立ち、TOP10に6台のチームヨコモとBD8が入っています。
 このレースで予選から圧倒的なパフォーマンスを見せたチームヨコモのBD8は全員PCSを装着しており、秋山直輝を始めRTCも合わせて組み込んだ仕様でレースを戦いました。

 次戦Speed king tourは千葉県に場所を移して、袖ヶ浦RCスタジアムで開催されます。もちろんチームヨコモも参加予定ですので、ヨコモそしてBD8ユーザーの皆さんは是非お集まりください!チームヨコモで皆さんのレースをフォローさせていただきます!