ニコラスリー選手、タミヤ/インフィニティ―シンガポールレースにて、BD8-2018 で完全優勝!
Nicholas Lee achieved perfect won at TIPS  (Tamiya-Infinity-PRCA-Singapore) with BD8-2018
2017年10月21〜22日 シンガポール

 2017年10月、シンガポールにてTIPS(Tamiya-Infinity-PRCA-Singapore)レースが開催されました。レースが行われたトラックは通常は電動カテゴリーのレースではあまり使用されることのない非常に大きなエンジンカー向けのトラックでした。
 タミヤシンガポールが主催した本レースでは、ツーリングモディファイ、ツーリングブースト、トラック、そしてミニクラスの4カテゴリーが設けられました。インフィニティ―社およびタミヤ社は、トップ選手達を送り込み、さらに日本、韓国、マレーシアそしてスウェーデンからも世界チャンピオンを含めるトップドライバーが集結しました。

This past weekend, TIPS ( Tamiya-Infinity-PRCA-Singapore) race took place at our big "nitro" track. The main organiser (Tamiya Singapore) put together this race with 4 different classes; Touring Modified, Touring Boosted, Truck and lastly, the Tamiya mini. With Infinity part of the main sponsor for the event, They sent their full team, except Marc which competed at the EOS the same weekend. We had also some drivers from Japan, Korea, Malaysia and Sweden that were present in this race.

 ニコラスリー選手はシンガポール在住ですが、開催コースは彼のホームコースではなく、今回のような大きなイベント開催時にのみ使用される非常に大きなサイズのトラック。長雨が続く中、幸運にもレース期間中はどうにか天候に恵まれましたが、土曜日のコントロールプラクティス終了後に突然雨が降り出すような不安定な天候状況でした。

Although Nicholas Lee live in Singapore, this is not his home track as it is basically too big for touring car. And normally there are not have electric races in this track, unless due to a big event. 
It was fortunate to get away with a very good weather during the race. It rained immediately after controlled practice(Saturday).

 ニコラス選手にとっては、BD8-2018を使用する最初のレース。
  予選第一ラウンド、祖父江選手との接戦を展開となりましたが、ニコラス選手が最終周にてトップタイムを更新、その差は0.076秒。セットアップも完璧で、クルマへの負担を掛けることなく(not to over drive the car)非常に安定した走行を重ねることが出来ました。予選第二ラウンドにおいてもニコラス選手は最速で駆け抜け、レース期間中最速の16.4秒を記録しています。
 予選第三ラウンドでは天候も回復、太陽が注ぐ中、ニコラス選手は祖父江選手、松倉選手に0.7秒差で勝利し、最終予選を前にTQ獲得を確実なものとしました。

 翌日曜日、前日に比べてタイムが出ずらいとみたニコラス選手は、最終予選ラウンドでの勝利を狙うことなく使用済みタイヤを選択、安定走行に徹し、総合TQを獲得しました。本レースでは決勝まで7ラウンドながら、配布タイヤが6セットという背景もあり、このような作戦をとりました。

This race was the first race with BD8-2018 for Nicholas Lee.
 The first qualifying proved to be a close one with Akio. Fortunately, Nicholas got him in the last lap by less than a tenth. To be exact, it was by 0.076.
It was crucial to have a setup with good consistency, and not to over drive the car. So, Nicholas took the first round of qualifying. 
In Q2. Nicholas set also the fastest lap of the event with 16.4s.
The sun was setting in Q3.  Nicholas would come out on top by 0.7s ahead of Akio Sofue and Naoto Matukura. This puts him in a really good position for overall TQ with one more qualifier to be ran the following day.

Come Sunday, Nicholas chose to run used tires for the final qualifier as he was confident that the track was slower than the day before and even if he did not TQ this round, Nicholas would still take the overall TQ. Also Nicholas save the tires for the final is because, the drivers basically get 6 sets of tires in total, but we have 7 rounds altogether.

 決勝では、ニコラス選手は松倉直人選手を後方に控え、激しく厳しいプレッシャーを受けながらのレース展開が予想されましたが、第一ラウンドは全くミスの無い走行により無事勝利。
 第二ラウンドでは、スタート直後のストレート走行中に松倉選手が後方から強烈なアッタックを仕掛け、両車クラッシュ、リタイアとなりました。
 雌雄を決する最終ラウンド、ニコラス選手の集中力は衰えることなく安定走行を心がけ、祖父江選手に1.5秒の差で勝利、第1ラウンド、第3ラウンドの勝利により本レースのモデファイド クラスにて見事に総合優勝、BD8-2018のデビューウインを果たしました。

Moving on to the finals, Nicolas had huge pressure from Naoto Matsukura for the whole final.  Nicholas could defend the whole of the first final without making mistake.
The second final was a rough one for Nicholas.  Naoto Matsukura tried to pass Nicholas on the straight however, it could not make and both crashed and ended the race in the first lap.
The last final was intense, but Nicholas could pull a sizeable gap and finish ahead of Akio by 1.5s. Winning the first and the third round gave Nicholas the overall win.