永島友吾選手がBD8 2018を頂点に導く! シリーズチャンピオンも獲得! SPEED KING TOUR 2017
2017年11月12日 SRT(サガミ堂レーシングトラック)

 2018年11月12日、神奈川県にあるSRT(サガミ堂レーシングトラック)にて、SPEED KING TOUR 最終戦が行われました。毎戦ハイレベルなレースを展開するこのレースは今では日本一レベルの高いレースとして名を広めています。チームヨコモからは、永島友吾選手、秋山直輝選手、山本涼介選手の三名が発売間もないBD8 2018で参加しました。

 アウトドアサーキット特有の刻々と変わる路面コンディションにも適応力バツグンのBD8 2018は、プラクティスから他社トップドライバー達に大きく差をつけて、永島友吾選手が予選トップを獲得し、山本選手4位、秋山選手が6位でチーム全員が決勝Aメインに進出。決勝でも永島選手はスタートから2位を走る世界戦ファイナリストの祖父江選手を大きく引き離して独走態勢に入り、後半はレースをコントロールしながらトップゴールして優勝を決めました。3位には粘り強い走りで順位を上げた山本涼介選手が入りました。

 そして、永島選手とヨコモBD8 2018はシリーズチャンピオンも獲得! 様々な状況のサーキットを転戦するシリーズレースにおいて、BD8 2018の安定感、そして路面適応力の高さも生かされた結果となりました!

BD8 2018 製品詳細ページ

山本涼介選手のBD8 2018 セッティングシート [PDF196KB]

MOD Main A Final SPEED KING TOUR Rd6 in SRT