Team YOKOMO Racing Tips 「BD5セッティング」
by Yukijiro Umino

 こんにちは、チームヨコモの海野幸次郎です。最近、BD5用で発売したオプションパーツの使用例をいくつかまとめてみました。これらは発売前にロナルド、マーティンと僕とで実走行でテストした結果に基づいていますが、走行する環境や路面状況、タイヤ、季節などで装着時の結果は異なってきますのでお勧めの組み合わせ例」として記載しました。使用しているオプションパーツは下記のとおりです。

●BD-201R8  BD5用 センターリンク(8mmタイプ)
左右のタイロッド取り付け位置ピッチを8mmと狭め、アッカーマン比を変更するパーツとなります。 タイロッド外側のナックル取り付け穴を内側にし、この8mmピッチセンターリックと組み合わせることで、全体的に”曲がる”ステアリング特性になります。

●BD-302FL1 ●BD-302FR1 ●BD-302RL1 ●BD-302RR1
バルクヘッドキャップ(Iアーム取り付け位置3.5mmワイド)
Iアーム(アッパーアーム)の取り付け位置を3.5mm外側に(片側1.75mm)移設することで、ロール時のキャンバー変化が増え、全体的に曲がりこむような特性になります。
もちろんフロントのみ、リアのみに使うことも可能ですが、フロント・リアとも同時に使用したほうが良い結果が得られることが多いです。


◆お勧めの組み合わせ (その1)
・BD-201R8 BD5用 センターリンク(8mmタイプ)
*フロントステアリングブロックのタイロッド取り付け位置を内穴にすると良い結果が得られることが多いです。
この場合センターリンクのスペーサーは1.0mmを基本にします。
(外穴を使った場合はセンターリンクのスペーサーは0mmを基本にします。)
・BD-302FL1 フロント バルクヘッドキャップ(左側用)(Iアーム取り付け位置3.5mmワイド)
・BD-302FR1 フロント バルクヘッドキャップ(右側用)(Iアーム取り付け位置3.5mmワイド)
・BD-302RL1 リア バルクヘッドキャップ(左側用)(Iアーム取り付け位置3.5mmワイド)
・BD-302RR1 リア バルクヘッドキャップ(右側用)(Iアーム取り付け位置3.5mmワイド)

*リアハブ側のアッパーアーム取り付け位置を外穴にすると良い結果が得られることもあります。


◆お勧めの組み合わせ (その2)
・センターリンク(キット標準)

*フロントステアリングブロックのタイロッド取り付け位置を外穴にすると良い結果が得られることが多いです。
この場合センターリンクのスペーサーは0mmを基本にします。
・BD-302FL1 フロント バルクヘッドキャップ(左側用)(Iアーム取り付け位置3.5mmワイド)
・BD-302FR1 フロント バルクヘッドキャップ(右側用)(Iアーム取り付け位置3.5mmワイド)
・BD-302RL1 リア バルクヘッドキャップ(左側用)(Iアーム取り付け位置3.5mmワイド)
・BD-302RR1 リア バルクヘッドキャップ(右側用)(Iアーム取り付け位置3.5mmワイド)

*リアハブ側のアッパーアーム取り付け位置を外穴にすると良い結果が得られることもあります。

◆お勧めの組み合わせ (その3)
・BD-201R8 BD5用 センターリンク(8mmタイプ)
*フロントステアリングブロックのタイロッド取り付け位置を内穴にすると良い結果が得られることが多いです。
この場合センターリンクのスペーサーは1.0mmを基本にします。
(外穴を使った場合はセンターリンクのスペーサーは0mmを基本にします。)
・BD-301FF2 フロントサスアームマウント(前側42mm)
・BD-301FR2 フロントサスアームマウント(後側42mm)
・BD-301RF1 リアサスアームマウント(前側41.3mm)
・BD-301RR1 リアサスアームマウント(後側・46.4mm)

*リアホイルハブに左右0.5mmずつスペーサーを足しています。


 週末などは各地のサーキットにも出掛けておりますので、ご質問がありましたら気軽に声をおかけください。