BD7 オプション装着例
Report by Yukijiro Umino

 いつもヨコモ製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 9月12日に発売の「BD7」について、 お客様からの沢山の質問を頂いておりますが、 その中でも、「どのオプションパーツを買えば良いのですか?」 という質問が多くありましたので、過去のレースやテストの結果に 基づいてお答えします!

僕がお勧めするのは、

★ミディアムグリップのアスファルトや、ローグリップのカーペットでは
B7-203 アルミ製 スペシャル サーボマウント
BD-010FW フロント ダブルジョイント ユニバーサルシャフト
この2点です。
サスアームなど樹脂製パーツはキット標準を使います。
上記のようなコースでは、キット標準のサスアームを使用した方が、路面状況に左右されることが少なく、車の動きもしなやかになり、ドライビングはイージーになります。
 
★ハイグリップ アスファルトのコースや、ハイグリップ カーペットのコースでは
BD-008FG 軽量グラファイト フロントサスアーム
BD-008RG1 軽量グラファイト リアサスアーム
BD-415SG 軽量グラファイト ステアリングブロック
BD-415RG 軽量グラファイト リアハブキャリア
B7-203 アルミ製 スペシャル サーボマウント
BD-010FW フロント ダブルジョイント ユニバーサルシャフト
サスアームなどの樹脂パーツをグラファイト製に変えることで、
車の動きがシャープになり、ハンドリングも良くなります。
トラクションロール(ハイサイド)をするような、ハイグリップなコースでは、
前後サスアームだけでもグラファイト製パーツに交換する事をお勧めします。

 また、2012年 全日本選手権での松倉直人とロナルド・フェルカーの車を参考に例をあげてみます。

ロナルド車に使用しているオプションは
BD-010FW フロント ダブルジョイント ユニバーサルシャフト
BD-010RW リヤ ダブルジョイント ユニバーサルシャフト
B7-TBS チタン製 ターンバックルセット
B7-TSS チタン製 3mm スクリューセット
B7-203 アルミ製 スペシャル サーボマウント

松倉直人の車に使用しているオプションは
BD-008FG 軽量グラファイト フロントサスアーム
BD-008RG1 軽量グラファイト リアサスアーム
BD-415SG 軽量グラファイト ステアリングブロック
BD-415RG 軽量グラファイト リアハブキャリア
BD-010FW フロント ダブルジョイント ユニバーサルシャフト
BD-010RW リヤ ダブルジョイント ユニバーサルシャフト
B7-TBS チタン製 ターンバックルセット
B7-TSS チタン製 3mm スクリューセット
B7-203 アルミ製 スペシャル サーボマウント