CHUOH FESTIVAL 2017 イベントレポート
2017年2月25日

 2月25日(日)に千葉県白井市にある中央自動車大学校にて「CHUOH FESTIVAL 2017」が開催され、昨年度に引き続き参加させていただきました。
 今回は、ラジコン部の皆様と合同で新たに「ラジコンドリフトの展示体験走行」を実施しました。自動車整備士を育てるこちらの学校では、1995年から普段の授業や活動を一般の方々に見ていただくためにこのようなフェスティバルが行われています。開催当初は実車のパテや板金のデモンストレーションのみのイベントでしたが、近年では部活動や様々な活動の作品発表がおこなわれています。

 ヨコモブースではボディー、マシンの展示を行い多くの方々が初めて見るドリフトラジコンに興味津々でした。

 昨年度は行われなかった体験走行を今回は実施。お子様から、大人の方々まで幅広い層のお客様がラジコンドリフトを楽しんでいました。 100名を超える体験走行はフェスティバルの中でも一番の賑わいとなりました。

 ラジコン部による整備体験も開催。ラジコンの醍醐味「自分で組み立てて走る楽しさ」を参加者に伝えていました。

 最近はAWDの体験走行車にもジャイロを装着。これにより、「走りやすい」「これなら自分にもできる」といった声が多く挙がるようになりました。

 実際にレースに参加している車両も多数展示。そのなかでも「TAISAN GT-R」は注目度抜群!しかもレプリカでは無く、実際にレースに出場している本番車両でした。

 昼食スペースでは学生が作る焼きそばや豚汁が無料で振る舞われ、こちらの場所も常に人が絶えないような状態でした。

 天候にも恵まれ非常に多くの方々にお越しいただいた「CHUOH FESTILAL 2017」
チームヨコモは今後もこのような学生との交流機会を設けていきたいと思います。

中央自動車大学校 http://cts.ac.jp/