ライアン メイフィールド 選手の緊急来日イベント第一弾「RC アドバイザーチャンプ相模原店・チャンプ スタジアム」
2017年4月30日

 4月30日(日曜日)ライアン メイフィールド 選手の緊急来日イベント第一弾「RC アドバイザーチャンプ相模原店・チャンプ スタジアム」には、ゴールデンウィークということもあり、メイフィールド選手の走りを一目見ようと、多くのお客様が遠方より駆けつけて下さいました。

 メイフィールド選手は前日の土曜日夕方に日本に到着、その足で横浜のホテルまで移動。当日は朝から晴れやかな晴天に恵まれ、開店と同時にチームヨコモの足立選手、小寺選手他若手ドライバーと共にチャンプ スタジアム 入りとなりました。

 もちろんチャンプ初来店のメイフィールド選手ですが、コースを数周走るだけでコースコンディションやコースにも対応。急遽路面に対応すべく、セミスリックタイヤを作製。使用するタイヤはもちろんスポンサーであるJコンセプト製を使用し、トップドライバーならではの切れのある走りでギャラリー魅了しました。YZ-2 DTMは、日本では土路面用としてはなじみの無いレイダウントランスミッションなので、アメリカでは優勝争いをしている車でも、初めての日本の土路面と言う事も有り、見学の方達も本当に速く走れるのか? また自分達の腕でも速く走らせられるのか?
メイフィールド選手のYZ-2DTMに皆さん初めは興味津々の様でした。

 前評判どおり一見強面なメイフィールド選手ですが、サインや撮影に気さくに応対。次第にお客様もなじみ始め、インプレッションやアドバイス聞こうというお客様のマシンをライアン選手がドライブ。使用するマシンのメーカーを問わず親身に応対するシーンも多々見られました。

 また今回のメインとも言える?! 抽選会には月例レースを思わせるほどのお客様が集まり、抽選会の際の質問コーナーではドライビングのコツや好きな日本食は?移籍の理由は?などの質問にもストレートに回答するライアン選手。笑いの絶えない抽選会となりました。

 また、ライアン選手の車をお客様が試走、喜んで頂けた方の中にはYZ-2DTMキットをその場でお買求めいただくお客様も多くいらっしゃいました。朝一番はYZ-2DTM日本の土路面で本当に走るのか? が、午後にはお客様の誰もがその様な事は忘れ、流石YZ-2DTMになっていました。

 当日お集まり頂きましたお客様、YZ-2DTMキットをお買上げ頂きましたお客様、関東圏一番のインドア ダート路面のチャンプ スタジアムを快く使わせて頂けましたRC アドバイザーチャンプ相模原店様のお蔭で、皆様にお喜び頂けるイベントとなりました。本当に有り難うございました。今後もヨコモは皆様方にお喜び頂ける製品作りを進めて参ります。
今後ともよろしくお願い致します。

 ◎次回、第2弾は5月2日〜4日谷田部アリーナ(イベント詳細)、第3弾、5月6日、7日RCマニアックス アリーナ(イベント詳細)でも皆様とお会い出来る事を楽しみにしています。