丸の内キッズジャンボリー2017 参加レポート
2017年8月16日

 子供達の夏休みの思い出を作る特大イベントとして毎年恒例となっている、『丸の内キッズジャンボリー2017』が、東京国際フォーラムと読売新聞東京本社により、JR東京駅横にある、東京国際フォーラムにて、8月15日から17日の3日間にかけて開催されました。

 ヨコモは、あんしん財団さんと、放課後NPOアフタースクールさんと共に、ラジコンカーを使ったワークショップを開催させて頂きました。
 ヨコモのワークショップは、昨年開催された同イベントに初参加した後、今年の3月11日には、『キッズワークショップカーニバル in ふくしま』にも参加し、両イベント共に大盛況だったため、今年は定員を2倍の80名に増やして行いました。それにも関わらず、ありがたいことに、80名をはるかに上回る事前応募を頂き、参加者は抽選で決めることになりました。

 参加の子供達には、ラジコンを作っているヨコモの仕事や、ラジコンの構造や動きなどを学んでもらい、最後はレースを体験してもらうプログラムで行いました。子供達の一生懸命な姿や、協力しあいながら車を組み立てていく中で、彼らが徐々に仲良くなっていく姿、友達になった子をレースで必死に応援する姿などを見て、ヨコモのスタッフ一同は感動すると同時に彼らの笑顔にパワーを頂きました。
 ワークショップは、今後も是非続けていきたいと思います。 

 あんしん財団様、放課後NPOアフタースクール様におかれましては、お声がけ頂きました事、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。