EVENTREPORT

REPORT
REPORT レポート

ヨコモ グランプリRound-40 イベントレポート !
Yokomo Grand Prix Round-40 Event Report.

開催日:2019年5月12日 (日)

開催地:谷田部アリーナ

令和初、そして第40回目となるヨコモ グランプリでは、6月に谷田部アリーナで開催される、JMRCA 1/12 電動レーシングカー 全日本選手権のウォームアップ レースを兼ねた、プレ全日本クラスも行い、89台のエントリーで賑やかに開催致しました。

■SS48 スーパースケール クラス

SS48 ブラシ付きモーターを使い、手軽なスピード域で行うこのクラスは、スポーツ コースで行いました。決勝では、スタート直後に3番手スタートのえひ~選手が、2番手スタートの世界のイシイちゃん選手を交わして2位に浮上。世界のイシイちゃん選手は後続車に追突されて後退、その間にトップ スタートのアッキー選手が独走体制となり、そのままトップ ゴールを決めた。

【最終結果】

1位:アッキー/22L 4:10.282

2位:えひ~ / 20L 4:03.852

3位:ノリック / 20L 4:08.345

4位:世界のイシイちゃん / 20L 4:11.895

5位:ユウマッチ / 19L 4:06.724

6位:リョウスケ / 11L 2:52.123

(TQ:アッキー)

■YD-2TC スケール クラス

YD-2TCシャーシを使い、スケール ボディ限定で競い合う人気のクラス。スタート直後に、2番手スタート Kuro 選手が、トップ スタートのmogyy 選手を綺麗に追い抜きトップに立ち、2台の超接近戦の熾烈なバトルの末、Kuro 選手が逃げ切りトップ フィニッシュ。

【最終結果】

1位:Kuro / 14L 4:18.880

2位:うめきち / 13L 4:03.319

3位:mogyy / 13L 4:12.751

4位:ほしくん / 12L 4:02.570

5位:ヨシダ / 12L 4:05.184

6位:イトマル / 12L 4:06.515

7位:ティッピー / 12L 4:07.297

8位:Autoliv / 12L 4:12.324

9位:J ☆P~!! / 12L 4:160141

10位:タコ2号 / 12L 4:18.201

(TQ: mogyy)

■YD-2TC クラス

YD-2TCシャーシのキット純正のワンメイク ボディで行い、スケール クラスよりも少し高めの回転数に設定したクラス。ポール スタートの勝ラジナンバー1 選手が、抜群の集中力で予選決勝を通じて圧倒的な速さを披露し、他車と競り合う事なく優勝を決めた。

【最終結果】

1位:勝ラジナンバー1 / 16L 4:15.041

2位:鈴木 昭 / 15L 4:02.305

3位:Kazu Racing / 15L 4:08.626

4位:Kei Racing / 15L 4:08.721

5位:ぐるぐる / 15L 4:11.027

6位:斉藤 雄一 / 15L 4:11.443

(TQ: 勝ラジナンバー1)

■GT ストック クラス

20台を超えるエントリー数の一番人気クラス。ヨコモGT 全日本選手権の予選も兼ねて行います。スタートで2番スタートのkuro 選手が、痛恨のフライングでペナルティを与えられ4位まで後退するが、ベストラップをたたき出しながら怒涛の走りで2位まで再浮上。勢いをそのままにトップを走るX factory選手を猛追するが、8分のコールとなりX factory選手が優勝。

【最終結果】

1位:X factory / 29L 8:04.828

2位:kuro / 29L 8:10.281

3位:mogyy / 29L 8:16.544

4位:キャロさん / 28L 8:04.529

5位:Kei Racing / 28L 8:09.205

6位:田部 誠 / 28L 8:13.218

7位:まこっちゃん / 27L 8:01.272

8位:山下 拓 / 27L 8:02.453

9位:Autoliv / 27L 8:06.334

10位:西沢 / 10L 4:09.428

(TQ: X factory)

■GT オープン クラス

スタート直後から勝ラジナンバー1 選手と、上田 晴康 選手の上位2台が他を一歩抜け出して一騎打ちの争いを繰り広げる。2台のスピードはレース後半でも衰える事なく3位以下をぐんぐんと引き離し、最終的には勝ラジナンバー1 選手が激戦を制してトップ ゴールを決めた。

【最終結果】

1位:勝ラジナンバー1 / 33L 8:10.422

2位:上田 晴康 / 33L 8:13.386

3位:ぐるぐる / 32L 8:12.009

4位:山下 秀 / 32L 8:12.893

5位:たけじろう / 32L 8:14.156

6位:キャロさん / 31L 8:03.530

7位:鈴木 健二 / 31L 8:09.036

8位:Kazu Racing / 30L 8:04.581

9位:ken1 / 30L 8:04.661

10位:山下 拓 / 29L 8:15.110

(TQ:勝ラジナンバー1)

■フォーミュラ スポーツ クラス

決勝は綺麗にグリッド順通りに周回するが、3番手スタートのボク・ライコネン 選手が痛恨の単独クラッシュで後退し、4番スタートのかめ吉 選手が3位に浮上。トップ スタートのメンディ 選手がペースを上げて逃げ切り、唯一16周に入って優勝を決めた。

【最終結果】

1位:メンディー / 16L 4:14.696

2位:松島 秀行 / 15L 4:04.612

3位:かめ吉 / 15L 4:04.916

4位:ASK / 15L 4:07.069

5位:山下 秀 / 15L 4:11.777

6位:タシロトキン / 14L 4:00.635

7位:まこっちゃん / 14L 4:04.149

8位:ボク・ライコネン / 14L 4:07.632

9位:T.ONO / 12L 4:14.260

10位:佐久間 大蔵 / 12L 4:14.474

(TQ: メンディー)

■トゥエルブ スポーツ プレ全日本 クラス

スタート直後4番手スタートの有森 選手が3位にジャンプ アップ。トップを走る臼井 選手とすーさん 選手がテール ツー ノーズの状態で熾烈なバトルを繰り広げ、3位以下を引き離す。すーさん 選手はベストラップを出しながら臼井 選手に最後までプレッシャーをかけ続けたが一歩届かず、臼井 選手が僅差で勝利。

【最終結果】

1位:臼井 誠治 / 42L 8:11.816

2位:すーさん / 41L 8:00.241

3位:有森 誠二 / 41L 8:06.487

4位:小島 要一 / 41L 8:08.147

5位:古田 隼也汰 / 41L 8:09.263

6位:川崎 明洋 / 41L 8:11.524

7位:松本 剛 / 39L 8:01.082

8位:青木 政雄 / 39L 8:01.941

9位:松島 秀行 / 39L 8:07.980

10位:菅谷 英幸 / 39L 8:15.167

(TQ: 臼井 誠治)

■トゥエルブ オープン プレ全日本 クラス

スタート直後に、4番スタートの小野 選手が3番の渡辺 選手を交わして3位に浮上。トップ スタートの江袋 選手と2番スタートのヨシ 選手が3位以下を引き離しトップ争いを繰り広げるが、江袋 選手はハイペースで独走状態に入り、その後も8分間スピードを落とさずにトップゴールを決めた。

【最終結果】

1位:江袋 兎々 / 46L 8:05.667

2位:ヨシ / 44L 8:01.596

3位:小野 利文 / 43L 8:05.490

4位:渡辺 翔太 / 6L 1:15.783

(TQ: 江袋 兎々)

次回Round-41は、8月18日の開催となります。

ヨコモ グランプリは、初めてレースに参加される方大歓迎のレースですので、お気軽にご参加下さい。

【コンクールドエレガンス】

SHARE