『第1回 YOKOMO 2WDツーリングカー 全日本選手権 2017』開催決定!

2017年3月28日

 ヨコモは、『第1回 YOKOMO 2WDツーリングカー 全日本選手権 2017』を開催します! 開催に向けては地区予選を行いますので、是非一緒に盛り上げてもらえるショップ 及びサーキットオーナー様を募集します!
 開催に際し、4月1日(日)〜10月22日(日)までの間に、地区予選を1戦以上開催していただけるショップ、サーキットオーナー様は、メール(support@teamyokomo.com)又はお電話(03-5613-7553)にてヨコモまでお申込み下さい。


 第1回 ヨコモ 2WDツーリングカー 全日本選手権 2017 開催要項 (2017年3月27日現在)

◆本戦大会名: 『第1回 YOKOMO 2WDツーリングカー 全日本選手権 2017』
◆開催日: 2017年11月5日(日) ヨコモGT全日本選手権 2017との共同開催となります。
◆開催場所:谷田部アリーナ 茨城県つくば市緑が丘4385-2 TEL: 029-836-0914
◆競技車種:ヨコモ YD-2TC のワンメイクレース
◆開催クラス: YD-2TC クラス(YD-2TC 標準ボディ、タイヤ回転数:5400rpm)と、YD-2TC スケールクラス(ヨコモ スケールカーボディ、タイヤ回転数:2700rpm)の2クラス制
◆参加費: 1クラス¥2,000
◆参加クラス: GT全日本選手権との同時開催で行います。次の全4クラスの中から1人最大2クラスまで参加する事が可能です。@GT ストック、AGT オープン、BYD-2TC、CYD-2TC スケール 
◆参加資格:2017年4月1日(日)〜10月22日(日)までの間に全国各地で開催される、YOKOMO 2WD ツーリングカー選手権(予選会)に通過した選手が代表選手として参加権利を得る事が出来ます。海外選手については、ヨコモの代理店 及びヨコモが認めた選手のみ参加することが可能。
尚、代表権選出方法(何戦中何戦のポイントを有効とするか、ポイントの付け方など)は地区予選主催者に委ねます。

◆地区予選での代表権獲得可能数
2017年度に各サーキットで開催される地区予選でのシリーズ戦(1戦以上での開催サーキット)において、開催地1箇所に付き、YD-2TC、YD-2TC スケール 各クラスの上位各4名が代表権を獲得出来、本戦への参加権利を得られます。上位4名の中で、本戦不参加の選手が出た場合には、5位以下の選手の繰上げが可能。
地区予選にてトップ通過された選手が本戦に参加する場合には、レース当日に以下の特典が与えられます。

【各クラス地区予選 トップ通過選手】
特典1: 第1回 YOKOMO 2WDツーリングカー 全日本選手権 2017のエントリー費は無料
特典2:谷田部アリーナ会員登録料をヨコモで負担(非会員の方のみ)
特典3: 本人の写真をプレゼント

◆車両規定 YD-2TC クラス
■シャーシ:ヨコモ製 1/10 YD-2 シリーズ(RWD車/リア駆動 2WD車)のみ。オプションパーツはヨコモ製又はヨコモ公認メーカーのパーツのみ装着可能。但し、ランスフォード製ターンバックル、ショックオイル、デフグリス、ウエイト、サーボ、受信機、ボディピン、配線コード、ベアリングは除く。
■ボディ:YD-2 TCキット標準品のみ。ボディ高は、地上から115mm 以上(翼端板含む)。
■ウイング:キット標準品又はヨコモ製のみ。ボディ最後部より後ろ側に10mm 以下まで。ウイングコードは40mm 以内。最大幅は190mm 以内。翼端板の大きさは、縦20mm、横40mm 以内。
■タイヤ:YD-2 TCキット標準品のみ(後日発売予定の同じ形状の硬度違いのタイヤも使用可能)。インナーはZR-039Mのみ。グリップ剤の使用は可能。但しコース指定のものに限る。タイヤウォーマーの使用は禁止。
■ホイル:ヨコモ製 ディッシュ型各種(TW-1012 / 1012Y2 / 1012H2 / 2512-2 / 0312A)又は、ヨコモ製 ツーリングカー用 トヨタ86ホイル(TW-SS86)のみ使用可能。
■モーター:ヨコモ ZERO / ZERO2シリーズ ブラシレス【21.5T】(YM-BL215G ガンメタ / YM-BL215B ブラック) のみ。
■ESC(アンプ):ヨコモ製 BL シリーズ(BL-PRO4、RS4、SP4 含む) のみ。進角、ターボも使用可能。
■バッテリー:ヨコモ製バッテリーのみ。全種類使用可能。
■ギヤ:スパーギヤ【84 枚】、ピニオンギヤ【30 枚】の組合せのみ。
■全装備重量:1350g以上
■最低地上高:5 mm
■タイヤの回転数:5400 rpm 以下

◆車両規定 YD-2TC スケールクラス
■シャーシ:ヨコモ製 1/10 YD-2 シリーズ(RWD車/リア駆動 2WD車)のみ。オプションパーツはヨコモ製又はヨコモ公認メーカーのパーツのみ装着可能。但し、ランスフォード製ターンバックル、ショックオイル、デフグリス、ウエイト、サーボ、受信機、ボディピン、配線コードは除く。
■ボディ:ヨコモ製 ドリフトパッケージ各種 又は 1/10 86ボディのみ 
■ウイング:ヨコモ製 ドリフトパッケージ用各種、ウイングステーは、標準品の他にD-056、D-056M、D-056L、D-057、D-057M、D-057Lも使用可能
■タイヤ:YD-2 TC キット標準品のみ(後日発売予定の同じ形状の硬度違いのタイヤも使用可能)。インナーはZR-039Mのみ。グリップ剤の使用は可能。但しコース指定のものに限る。タイヤウォーマーの使用は禁止。
■ホイル:ヨコモ製 ディッシュ型各種(TW-1012/1012Y2/1012H2/2512-2/0312A)又は、ツーリングカー用トヨタ86ホイル(TW-SS86)のみ使用可能。
■モーター:ヨコモ ZERO / ZERO2シリーズ ブラシレス【21.5T】(YM-BL215G ガンメタ / YM-BL215B ブラック) のみ。
■ESC(アンプ):ヨコモ製 BL シリーズ(BL-PRO4、RS4、SP4 含む) のみ。ブリンキーモードで使用すること(進角、ターボは使用不可)。
■バッテリー:ヨコモ製バッテリーのみ。全種類使用可能。
■ギヤ:スパーギヤ【84 枚】、ピニオンギヤ【33 枚】の組合せのみ。
■全装備重量:1400g以上
■最低地上高:5 mm
■タイヤの回転数:2700 rpm 以下

◆レース方式(両クラス共に同じ)
予選4分間の周回レースを2ラウンド(参加台数が多い場合は、3分間の1周ベストラップ方式で行います)、決勝は全メイン5分間の周回レースを1ラウンド(参加台数により4分間に変更)。
Aメインは、両クラス共に11台走行で行います(予選での上位9名 + 決勝Bメイン以下からの、タイム順による勝ち上がり2名)。
11台の選出方法は、
1. 予選2ラウンド終了時点でのベストタイムによる上位9名が決勝進出確定。
2. Bメイン以下の決勝全レースの中で、上位2名のみが、Aメインの10番、11番グリッドからのスタートとなります。

◆その他
■レース前日となる、11月4日(土)の営業時間終了後にコースレイアウトを変更します。
■wifiモジュールの搭載は禁止。禁止理由:車検通過後のブリンキーモードの変更防止及び回転数の上限変更防止の為。
■安全保護のため、Lipoバッテリーの電圧と温度を、走行前の車検においてチェックします。電圧は【8.40V】まで、温度は外気温度+5度までとします。
■レース中及びレース後に抜き打ちでタイヤ及びインナーのチェックをする場合があります。違反者は記録を抹消し失格となり、今後のヨコモレースには出場出来なくなります。
■バッテリーの充電と放電時には、安全のため必ずセーフティバッグをご使用下さい。
■バッテリーに対しての加工(ケースを取り外す、シュリンクやデカルを剥がす、穴をあける等)は禁止。
■当日の朝に行う練習走行時においては、使用するタイヤとバッテリーは自由です(マイポンダーの動作チェックを行います)。
■全クラスにおいて、ハードタイプのアンテナは使用禁止。
■ドリフトアシストシステム、ジャイロなど、電子デバイスによる自動制御装置の使用は禁止。ジャイロ機能を搭載した受信機も使用禁止。
■ピット席は、あらかじめ各サーキット別に区分けしてご用意しますが、お客様同士での入れ替えは自由です。
■YOKOMO 2WDツーリング全日本選手権 2017におきましては、基本的には本名での登録及びHPや雑誌、インターネット関係への掲載をさせて頂きます。

上記は、谷田部アリーナ(ラージサイズサーキット)で開催する、全日本選手権 及び ヨコモ グランプリでの規定です。地区予選他、谷田部アリーナ以外のサーキットで開催する場合には、規定が下記の内容に変わる場合があります。決定権はサーキットオーナー(主催者)にあります。
■スモールサイズサーキットでの開催の際には、YD-2 TCクラスのタイヤの回転数が、YD-2 TC スケールクラスと同じ2700rpm以下になる場合がある。
■タイヤ・インナー・バッテリー・アンプは、サーキット規定により異なる場合がある。
■サーキットによっては、ヨコモ製ドリフト用ホイル(26mm幅)の使用が認められる。
■グリップ剤の使用可能、使用不可能はサーキット規定によって異なる。使用可能の場合の銘柄は、サーキット規定に準じる。
以上