EVENTREPORT

REPORT
REPORT レポート

ドリフトミーティング Round-93 イベントレポート
DRIFT MEETING Round-93 -EVENT REPORT

2017年8月20日、愛知県名古屋市にあるホビーショップタムタム屋内アスファルト コースにてドリフト ミーティングR93を開催いたしました。

レイアウトは立ち上がりでリヤが抜けない角度でアプローチラインに進入し、失速させずに振りっ返し。その後浅い角度を引っ張りながら壁に寄せて、振り返して審査員まで立て飛ばしという難易度の高い設定で行いました。 
高い難易度ながらも、競技を開始する頃にはほぼ全員が攻略できている様子。今回の参加数は40名台を超えるだけにレベルの高いドライバーが多く集まり、スポーツクラス、RWDクラス、D1クラス、エキスパートクラスの4クラス制で行いました。

スポーツ クラスは老人選手が他を寄せ付けない走りで予選、決勝共に制しました。

エキスパートクラスではD1クラスの点数を上回る選手が続出しました。しんちゃん、しんくん、さかなや選手は、D1クラスに通じるキレがあり、カウンターのレベルが高く、エキスパートクラスを引っ張ります。やはり決勝でもこの3名が上位に名を連ね、最後は攻めた走りを見せた、しんちゃん選手がエキスパート クラスを制しました。

RWDで序盤を引っ張ったのは、チームヨコモのしゅんすけ選手。高得点を並べ、ミスの無い質の高い走りで97.5点を出し審査員を唸らせます。2R目になるとアッカーマンセッティングを、バッチリ決めた愛知のゆう選手が、フロントが失速しないキレのある走りで追いかけて94点を出します。ふくちゃん選手も同ポイントまでは出しますが、セカンドポイントの差で及ばず、愛知のゆう選手が2位、しゅんすけ選手が予選トップとなりました。
追走トーナメントでは各グループで激しい追走が見られましたが、決勝は愛知のゆう選手 対ハヤト選手の対決となりました。後半から尻上がりに調子が上がってきた愛知のゆう選手はハヤト選手にアドバンテージをとって追い詰めますが、ハヤト選手も取り返しサドンデスに。最終的には競り勝ったハヤト選手の優勝となりました。

D1クラスはワールドクラスのドライバーを数名含むハイレベルな戦いとなりました。序盤から進入、振りの鋭さ、迫力ともにレベルの高い走りを見せた、ごるご選手が97点を出し、前半を引っ張ります。そこに待ったをかけたのが予選4本中3本を失敗し0点のナガシメ選手。キレッキレの走りを1本決めて98.5点でトップ通過で逆転します。今回は同一ポイントでセカンドポイント、サード ポイントで順位の差がつく大接戦の予選となりました。
追走トーナメントはトップ通過のナガシメ選手が一回戦で敗れる大波乱。1位通過のブロックは予選で一発を決めたFURUBOH選手が決勝へ。変わって2位のブロックは後半調子を上げてきたKANDA選手がキレのある同時振りと寄せきった走りで、ごるご選手を破って決勝戦まで進みます。決勝では立ち上がりのコツをつかみ、スピードとキレを出したKANDA選手へ軍配が上がりました。振りのキレとスピードが勝負を分ける戦いとなりました。

SHARE