EVENTREPORT

REPORT
REPORT レポート

ヨコモ ドリフトミーティング Round-106 イベントレポート
Yokomo Drift Meeting Round-106 Event Report.

開催日:2019年 3月 16日 (土)、17日 (日)

開催地:谷田部アリーナ

ヨコモドリフトミーティングround??が谷田部アリーナで開催致しました。谷田部アリーナラウンドとしては今年初の開催となり、2日間で200名を大幅に超える参加人数となり、昨年を上回る盛り上がりを感じさせるイベントとなりました。

レイアウトは2月に開催したTDMのRound-1で使用した名阪レイアウト。立ち上がりの角度や速度、マシンの姿勢作りなどスタート直後から要求が非常に厳しく、立ち上がり後は審査席まで勢い良く振り返し、アウトまできっちり飛ばす走りを要求されました。

単走審査を見ていても昨年までは速度とラインが最重要項目でしたが、今年に入って角度も非常に審査加点の比重が大きくなったこともあり、選手も審査員の要求する走りを再現しようと、多くの選手がスピンすれすれの激しい走りを披露していました。

【Day1 最終結果】

【エントリークラス】

1位:Kotatsh 選手

2位:YOU 選手

3位:隼斗 選手

【スポーツクラス】

1位:J☆P~‼ 選手

2位:タカボン 選手

3位:まいける 選手

【AWDツイン】

1位:福ちゃん 選手&ヒカル 選手

2位:花 花 ひろ姉 選手&りゅうへい 選手

3位:健司 選手&トモヨシ 選手

【RWDツイン】

1位:KOSEI 選手&ヒカル 選手

2位:マチ 選手&たくじん 選手

3位:☆研風呂☆ 選手&そねっち 選手

【AWDエキスパート】

1位:つぐ 選手

2位:いっち~ 選手

3位:ショウケイ 選手

【RWDエキスパート】

1位:加藤紹介パパ 選手

2位:D-TEN 選手

3位:FuruBoh 選手

昨年から新たに加わった、マスターズクラスは2日間の中で一番拮抗したバトルの連続であり、盛り上がりをみせました。反射神経が問われるラジコンですが、その中でも長い期間楽しめるドリフトに最適なクラスと言えるのかもしれません。今後もより参加人数が増えそうなクラスです

【RWDマスターズ】

1位:ライフ 選手

2位:☆38 選手

3位:たくじん 選手

【Day2 最終結果】

【エントリークラス】

1位:やす~ん 選手

2位:カズマる 選手

3位:RIE 選手

【スポーツクラス】

1位:かずねぇ 選手

2位:エクすたしぃ 選手

3位:Kotatsu 選手

 

【RWDエキスパート】

1位:Mura 選手

2位:マサミー 選手

3位:ヨスケ 選手

【RWD D1】

1位:ハヤト 選手

2位:ヒカル 選手

3位:そねっち 選手

【AWD D1】

1位:ライダー 選手

2位:FuruBoh 選手

3位:たくじん 選手

【AWD ワールド】

1位:なおっきー 選手

2位:ガースー 選手

3位:ハヤト 選手

      

 


今年は地方ラウンドが非常に多いヨコモドリフトミーティングですが、やはり谷田部アリーナラウンドは一味違く、ワールドクラスなど世界トップクラスの走りを見られるのも醍醐味の1つと言える内容となりました。

今後のヨコモ ドリフトミーティングの予定は、谷田部アリーナの他に、滋賀大会、愛知大会も開催も開催となります。是非ふるってのご参加お待ちしております!

SHARE