EVENTREPORT

REPORT
REPORT レポート

YD-2TC スケールクラス in K2サーキット 第4&第5戦 レポート
YD-2TC Scale Class in K2 Circuit Round 4 & Round 5 Report.

滋賀県にあります、ラジコン屋東近江店様からYD-2TC スケールクラスのレースレポートが届きましたので掲載します!

RCショップ ラジコン屋 東近江店様HP:http://members.e-omi.ne.jp/kubosakaeshoten/page033.html

ブログ:https://ameblo.jp/rajikonyak2/

レギュレーションは、YD-2スケールクラスに、他社製スケールボディ搭載OK(但しライキリGT等は禁止)、タイヤの回転数等は前年成績に応じて変動するハンデ制(2750~3100rpm)を取り入れた、新規参加選手に有利なレギュとなっています。

【K2サーキット第4戦 レポート】

開催日:2019年5月19日 (日)

今回YD-2スケールクラスの予選会には12名のエントリーがありました。

(予選)

山口 選手が、21周5分13秒024でポールポジション獲得。

2位には玉木 選手(20周 5分03秒191)、3位 池田 選手、4位谷本 選手、5位市田 選手となり、ここまでがAメインとなります。

Bメインは6位に店長、7位 三澤 選手、8位 高村 選手、9位 田中GL 選手、10位 中井 選手、Cメインには11位 大林 選手、12位 浦谷 選手となりました。

(決勝)

[Cメイン]

大林 選手がぶっちぎりの優勝で勝ち上がり確定! 2位 浦谷 選手

[Bメイン]

Cメインから勝ち上がった大林 選手がここでも速さを見せ、独走の優勝で勝ち上がりを決めました! 同様に2位に入賞の店長も勝ち上がりが確定。

3位 三澤 選手、4位 高村 選手、5位 田中GL 選手、6位 中井 選手

[Aメイン]

Aメインはスタート直後に接触がありましたが、山口 & 谷本の両選手が抜け出しトップを争いその後ろを玉木 選手が追いかける展開。最終的にトップゴールを決めたのは山口 選手。2位にはスタート後の混乱で一時は最下位にまで落ちた池田 選手が怒涛の王上げを見せ入賞。3位には谷本 選手、Cメインから2連勝で勝ち上がる大林 選手はここでも快進撃を見せ4位となりました。

[最終結果]

優勝:山口 選手、2位:池田 選手、3位:玉木 選手、4位:大林 選手、5位谷本 選手、6位:市田 選手、7位:店長

次戦から山口 & 松井 選手にはタイヤの回転数ハンデ、山口 選手には重量ハンデも追加されます。

【K2サーキット第5戦 レポート】

開催日:2019年6月16日 (日)

今回YD-2スケールクラスの予選会には、チームヨコモの吉岡 選手(厳しいCレギュ適応)を含め14名のエントリーがありました。

(予選)

谷本 選手が21周 5分05秒000でポールポジションを獲得!2位に田中GL 選手、3位 高村 選手、4位 池田 選手、5位 大林 選手、6位 市田 選手までがAメイン。

Bメイン7位 中山 選手、8位には回転半での松井 選手、9位は最大ウエイトの玉木 選手、10位 店長、11位 吉岡 選手。Cメイン12位 三澤 選手、13位 中井 選手、14位 浦谷 選手と続きます。

(決勝)

[Cメイン]

三澤 選手が他車を寄せ付けない走りでトップゴール!勝ち上がりを決めます。2位には中井 選手、3位浦谷 選手の順となります。

[Bメイン]

マイナス150回転のハンデを負った松井 選手が余裕の走りでトップゴール。2位には店長が入り、こちらの2名がAメインに勝ち上がりました。

3位には中山 選手、4位 三澤 選手、5位 吉岡 選手、6位 中井 選手、7位 玉木 選手の順となります。

[Aメイン]

絶好調の谷本 選手がスタートから他車を引き離し田中GL 選手が追う展開。3位争いは店長と池田 選手が繰り広げます!

(Aメイン決勝動画)

[最終結果]

優勝:谷本 選手、2位:田中GL 選手、3位:店長、4位:池田 選手、5位 松井 選手、6位:大林 選手、7位:高村 選手、8位:市田 選手。今回の表彰台は久しぶりの顔ぶれとなりました!来月の第6戦では山口 & 谷本 両選手には回転ハンデが、山口選手には重量ハンデもつきます‼

SHARE