PRODUCTSARCHIVE

BD8 競技用ツーリングカー シャーシキット(アルミシャーシ仕様)
MRTC-BD8A / 69,000 yen

IFMRA主催によるISTC世界選手権レースは、2000年に第1回大会が日本で開催され、以降1年おき、2年に1度、定期的に開催されて来ました。

ヨコモは第1回大会に、現在のISTCマシンの主流であるベルト駆動4駆、バッテリーを車体のサイドに縦置きとした当時としては特異なデザインの元祖MR-4TC(1999年2月発売のマシン) を投入し、初代のワールドチャンピオンカーに輝きました。

それ以降、競技用ツーリング カーの定番デザインとして世界中のRCカーメーカーの多くが現在でも採用。ヨコモはツーリング カーの先駆者として絶えずマシンの研究開発を進めて参りました。

近年では前回の2014年IFMRA ISTC世界選手権 アメリカ大会でヨコモBD7・2015が優勝 !! そして2016年ヨコモBD8・2017が再び優勝 !! ヨコモはツーリングカー世界選手権 連続優勝を達成致しました。

BD8・2017は、ヨコモ開発陣が自信を持ってお勧め出来る、現在世界最高峰のツーリングカーキットです。是非、路面を選ばずどこでも最高の走りを叶えてくれるBD8(路面変化のキャパが広く扱い易い)が、皆様の夢、想いのお手伝いを致します。

ヨコモは皆様へのパーツ供給は勿論、セッティング アドバイス等技術面でも、常にサポートを行って参ります。

Yokomo takes back to back IFMAR world championships

The first IFMAR world championship started back in 2000, and it was Yokomo who triumphed with a state of the art touring car, the MR-4TC, it was this car that started the trend of vertically placed batteries and the standard belt system in which 90% of manufacturers copied and still do till this day.

A credit to the innovation and continuous development Yokomo put into all their racing platforms. It’s this very design that still works 16 years on and delivered Yokomo their 3rd IFMAR ISTC World Title. Atsushi Hara in 2000, Naoto Matsukura in 2014 and Ronald Volker in 2016.

The successor to the above platforms will be released at the end of October, the all new BD8, you can rest assured the car has proven itself immensely with winning the World Championship on it’s debut as well as placing more Yokomo cars in the top 30 than any other manufacturer.

No expense has been spared on testing the new BD8 in all racing conditions, and with many adjustments available and the world class technical support from Yokomo, you can rest assured you will be on the podium in no time.

2016年8月24日~27日の4日間、中国の北京で開催された大会には、22カ国からの代表150選手が集結、メーカーチームも17社が参戦する文字通りの世界最強戦となった。ヨコモは新車BD 8を投入、優勝を飾ったが、データ表のトップ10中ヨコモ3台の内訳はBD 8・2台、BD 7・1台、トップ30では他社を圧倒する入賞率、約半数の12台をBDシリーズが占め、ヨコモ製マシンのポテンシャルの高さを証明致しました。

The 2016 IFMAR ISTC World Championships were held in Beijing China on the 24th – 27th of August 2016, with 150 drivers from 22 countries competing, this was always going to be the most difficult and competitive World Championships to date.
Yokomo worked incredibly hard, and the hard work paid off with the BD8 Securing a world title on its maiden outing,
Yokomo placed more cars in the top 30 of this year’s world championships than any other manufacturer, close to 45% of the top 30 field were using the Yokomo BD series platform.
Representations for performance don’t get much better than this. It’s a true testament to Yokomo’s innovative and thorough approach to racing and winning.
Pie Chart Below.

BD8の特徴

BD 8はBD7 2016で超低重心化を採用し、ハイグリップ路面では大きなアドバンテージを手に入れましたが、グリップの低い路面では気難しさも残りました。この僅かな難点をフロントベルトを完全なセンターに寄せることで、重いモーターをさらに内側に搭載。さらにフロント及びリヤのサス周り他、細部の適正化を図り完成したのが、2016の集大成、死角無といえる熟成の新世代マシンがBD 8です。走行性能の面ではパワーオンオフ時の癖が抑えられた事、グリップの高い路面から低い路面まで常に安定した速さを手に入れることが出来た事です。路面に左右されない安定した速い走りは、世界選手権決勝レース、レグ1はコントロールタイヤの不良からタイムが上がりませんでしたが、レグ2、レグ3を見て頂きますと、他車の走行が乱れる中、快走するロナルド選手のBD 8の雄姿がご覧頂けます。路面変化に強いBD 8と、冷静沈着にしてホットなマインドを持ち合わせたロナルド選手の力量と多くのファンの方々の熱い応援があっての勝利でした。
今回の発売では様々なレースや路面状況に対応し、より多くの皆様にBD 8の性能をお届けするため、カーボン グラファイト シャーシ仕様 (アスファルト路面向き) に加え、アルミ シャーシ仕様 (カーペット路面向き) も同時発売いたします。

The BD8 encompasses the same super low COG the BD7 did, which proved to be extremely competitive on high grip surfaces.
The team felt they could improve the cars performance on low grip, and to do this have now realigned the entire drivetrain, meaning the front belt now runs down the centre of the car, in turn stabilising the car and helping in low grip conditions. We have also moved the motor inboard which distributes the weight towards the centre of the chassis meaning a smoother transition on / off power.
A brilliant example of this is A main 2 & 3 at this year’s world championships when the grip went from high to low due to a windstorm, and the BD8 was able to adapt to both conditions with ease, testament the new car has strongly improved in low grip conditions.
Yokomo now has the option of the BD8 platform in Alloy or Carbon to suit individual conditions around the world. The new kit also comes standard with Servo mount, aluminium bell cranks, and a one piece pulley which is now larger to assist with belt longevity and smoother acceleration.

BD8キットでは従来オプション扱いだった2点のオプションパーツを標準装備

① アルミ(BD 8専用)特殊形状のサーボマウント  
② アルミ(2016と共通)ステアリング ベルクランク

仕様
■加速時のクセを排除するセンター配置のフロントベルト
■センタープーリーの大径化(20T)でリヤベルトのロングライフも達成
■超低重心に合わせて最適化した、新型ブッシュ インサート式アルミ製サスマウント
■積極的に路面を追従させる形状の新型モーターマウント
■モーターをシャーシのさらに内側に移動し、重量物の更なる集中化を実現
■新型のアルミ製サーボマウントを標準装備
■フロント ダブルジョイント ユニバーサルを標準装備
■前後バルクヘッドをクロスバルクで固定し、シャーシロールを自在にコントロール
■低重心と大容量化を両立した新型SLFショートショックⅡ
■サスアーム、新型 前後ハブ、ナックルには軽量グラファイト樹脂を使用

SPEC
New Centre Aligned Front Belt System, the front belt now runs up the middle of the car which improves the car’s balance as well as smoothness during on-power acceleration.
Large 22T Centre Pulley, the centre pulley has been changed to allow the front and rear belt to run off the same pulley, providing a longer wear for front and rear belts whilst also offering improved acceleration.
Bush / Insert Suspension Blocks, Yokomo have now moved to the bush / insert style suspension blocks, which allows customers easier toe adjustments, the new blocks are also lower which further improves the car centre of gravity.
New Motor Mount / Flex System, The new car carries a smaller motor mount design, which has moved the motor forward inboard (Centre) to increase the cars overall balance, the new motor mount also has new screw placements underneath the chassis which will improve the cars overall grip and corner speed once again.
New lightweight graphite plastics , The BD8 will compromise of all new plastic parts, including, Suspension arms, Front Caster Blocks and Knuckles, as well as rear hubs. The new plastics improves the cars performance in a range of different conditions.
New Servo Mount Design, The new servo mounts runs further up the centre line of the chassis making a slight adjustment to the flex characteristics of the car. The new servo mount will also now be a standard item in the new car.
Front Double Joint DCJ’s, Yokomo’s high-quality front DCJ’s will also remain a standard feature in the new kit.
Bulkhead X Braces, A feature which will carry over from the BD7, is the ability to run the X braces, which gives drivers more tuning options in different conditions.
Big Bore SLF 2 Short Shocks, Yokomo’s big bore high capacity shocks which also carry a low COG design will be carried over to the new car.

駆動系のメインとなるフロント ドライブベルトをセンターに配置することで、駆動時のシャーシのねじれを抑制し、ストレートはもちろん、コーナーリング時にも操作性を高めます。特にコーナーの脱出時に次のコーナーへスムースにつなげられることで、サーキットの最速ルートをトレースすることが容易になり、モーターパワーも効率的に加速へとつなげられます。

The front belt system has now been placed directly down the centre of the chassis, this has been proven to eliminate the twist the car encompasses whilst on power. as well as provide a very smooth acceleration on and off power making corner acceleration smoother and faster.

さらにシンプルかつ軽量になったアルミ製モーターマウント。低重心化にも大きく貢献し、モーター搭載位置も従来よりさらに内側になることで、運動性能の向上を果たしています。また、モーターマウントの固定はシャーシセンターのビスだけで左右対称とし、シャーシのねじれに影響を与えずに、最高効率の駆動系に加えて路面追従性も高めています。

The new motor mount is a simple lightweight lower COG design which has now positioned the motor further inboard from its BD7 successor, the new motor mount is designed to give the driver multiple screw placement options, whilst improving the overall balance as the screws now run in a straight line parallel with the new front belt system. 

従来はオプションパーツであったアルミ製のサーボマウントを、BD 8では新規設計のうえキット標準装備としています。シャーシセンターでベルトを包み込むような形状となり、サーボもフローティングマウント。シャーシのねじれに影響を与えることなく、BD 8の性能を最大限に引き出します。

The Aluminum Servo mount has now been redesigned and is a standard feature in the new BD8 kit, the new mount is a floating wrap around style which has been extended slightly to decrease chassis twist. 

そしてこちらも従来のオプションパーツであったアルミ製 ステアリング ベルクランクとアルミ製センターリンクを標準装備とし、ステアリング レスポンスを向上させています。走行スピードの向上が顕著なツーリングカーでは、ステアリングサーボの動きをリニアに再現することで、マシンのコントロール性も高まります。

The aluminum steering bellcrank are included / bundled into the new kit, the Aluminium bellcrank / centre link is renowned for providing a sharper steering response. The factory team has found this to be far more predictable / linear vs the previous plastic system.

前後ハブやステアリングブロックも新規設計。緻密な計算により導き出された形状で、軽量グラファイト樹脂を使用して強度を高めています。特にフロントはダブルジョイント ユニバーサルとのマッチングも抜群。フロントハブキャリアからステアリングブロックを外すことなくユニバーサルシャフトを 外せる構造で、レース参戦を考慮したメンテナンス性も向上しています。

A newly designed front and Rear hub which is made from a high precision graphite resin which improves strength and durability, Also we have now opened the hubs to allow the Drive shaft to come out without having to remove the knuckle from the hub carrier. 

アルミ製のマウントに樹脂製のブッシュを装着するスタイルとなった前後サスマウント。超低重心に合わせて従来よりも1mm下げて新規設計され、ロールセンターの調整幅が広がりました。ブッシュの入れ替えでトー角を素早く変更できるので、レース時のとっさのセッティング変更にも素早く対応可能です。

The FR and RR suspension mounts have now been changed to a low COG bushing style mount, (1mm lower) which improves the time to make toe in/out adjustments, and allows the customer not to have to carry a considerable range of blocks. 

※写真は組み立て参考例です。キットにはコントローラー類、バッテリー、タイヤ/ホイール等は含まれません。別途お買い求めください。

組み立てシャーシキット

走行のために必要なもの:2チャンネルプロポセット(送信機、受信機、スピードコントローラー、サーボ)バッテリー(Li-po2セル)、充電器、モーター、タイヤ、ホイール、ボディ、ポリカーボネイト用塗料

Manual & Setting
Parts List
▼ステアリングサーボ / STEERING SERVOS
▼シャーシパーツ / CHASSIS PARTS
Poduct#
Photo
Name
Price
Option
▼駆動系パーツ / DRIVE TRAIN PARTS
Poduct#
Photo
Name
Price
Option
▼サスペンションパーツ / SUSPENSION PARTS
Poduct#
Photo
Name
Price
Option
▼ボディ / BODIES
▼タイヤ / TIRES
▼ギヤ / SPUR & PINION GEAR
Poduct#
Photo
Name
Price
Option
▼ベアリング / BEARINGS
▼スクリュー / SCREWS
Poduct#
Photo
Name
Price
Option
▼ケミカル / CHEMICALS
Poduct#
Photo
Name
Price
Option
▼工具 / TOOLS
▼収納ケース / BAG&BOX
Poduct#
Photo
Name
Price
Option
▼その他 / OTHER