TEAM YOKOMOSETTING TIPS

written by Team YOKOMO

BD9 セッティングスキル:路面適合幅を広げるNEWオプション各種

BD9の適合路面をさらに広げる前後サスアームとステアリングブロック、リヤハブキャリアです。

形状としては標準パーツと同じながら、使用する素材に標準パーツよりも柔らかい樹脂を使用。足回りをややしなやかに仕上げることで、低グリップ路面で効果的にトラクションを高めます。荒れた路面状況でも路面追従性が高まりますので、特に屋外のアスファルトサーキットなどでは効果の高いパーツです。

逆にハイグリップ路面や高速レイアウトでは、柔らかすぎて不安定になることがありますので、状況に合わせて標準のグラファイト成型パーツと使い分けて下さい。

もう一つの新製品はグラファイト製フロント ショックタワーです。

ショック上側の取付位置を標準よりも1mm高く設定し、サスペンションの上側ストロークを有効に使える設計です。BD9は高速コーナーや急激なブレーキング時でも有効なサス作動範囲に収まりますが、路面の荒れた状況などでは想定以上にストロークが大きくなることもあり、サスペンションがフルボトムしてしまうことでアンダーステアや不安定な挙動につながることがあります。そんな場合にはこの新型フロントショックタワーを使うことで作動範囲を広げ、安定したコーナーリングを行うことが可能になります。

もちろんショック取付位置が上がることで重心が高くなるなどのデメリットもありますが、高速走行時やブレーキング時の安定感を高めたい場合には有効なパーツのひとつです。ご使用いただく場合はダウンストロークとの兼ね合いもありますので、下側のダンパーエンドを伸ばすなど適宜ショック長の調整を行って下さい。

SHARE