TEAM YOKOMOSETTING TIPS

written by Team YOKOMO

BD9 セッティングスキル:シャーシフレックスを引き出す薄型アッパーデッキ

BD9用のオプションパーツとして発売している薄型アッパーデッキ(B9-00319T●2,200)は、標準のアッパーデッキと同形状ながら1.65mmのグラファイト材を使用し、よりしなやかな特性となっています。標準のアッパーデッキ(2.0mm)と合わせてセッティングパーツのひとつとしてお使いいただけます。

これまで行ってきた走行テストで、アルミ製メインシャーシ(B9-00219A●10,800)を使う場合は、標準のアッパーデッキのままだと全体のシャーシフレックスが硬すぎるように感じました。そこで薄型アッパーデッキに換装することで適度なしなりが引き出され、アルミ製メインシャーシのしなやかな特性がより強調され、グリップ感や操作性の向上につながりました。

シャーシ全体がしなやかになることで路面変化への適応力も向上し、グリップが低い状況でも高いトラクションを得ることが可能です。メインシャーシのリヤ部に装着するロールプレートとの組み合わせ次第で前後バランスの調整もできますので、ぜひお試しください。

→INDEXに戻る

We have now released the optional Thin Upper Deck (B9-00319T) for the BD-9 chassis.  The part is made from 1.65mm carbon graphite material, and maintains the same shape and the standard upper deck.  This is a good tuning option, as it allows an overall softer flex setting than the standard 2.0mm upper deck included in the kit.

When using the Aluminum Main Chassis (B9-00219A), the overall chassis flex is stiffened.  Using the Thin Upper Deck can give some more flex in the car, making it easier to drive and improving the overall balance feel.

Alternatively, using the Thin Upper Desk with the standard carbon graphite chassis can provide more grip on low traction track.  The flex setting and overall feeling can then be further tuned through the use of the rear roll plate (also included with the kit) giving more options to get the best balance and traction for your track.

→INDEX

SHARE