TEAM YOKOMOSETTING TIPS

written by Team YOKOMO

YD-2用 ラウンドリィ スライドラックをファインチューン

最新のドリフト走行に最適なステアリング特性を実現するラウンドリィ スライドラック。単なるレールの円弧運動だけでなく、サスペンションの動きに合わせた前傾マウントで、早くも多くのユーザーから高評価を得ています。間もなく発売となる新型ドリフトシャーシキット”YD-2SXII”にも標準搭載し、今後のマシンのスタンダードアイテムとなることでしょう。

In this article we will show you how to fine tune the new curved slide rack for our award winning YD-2 drift chassis series. Team YOKOMO developed a slide rack that gives optimal steering characteristics using the latest drift settings. As well as the arc movement of the rack, giving better Ackerman control and feel, it is mounted at an angle that matches the movement of the suspension, helping to almost eliminate bump steer. We have only just released it and already it has earned high praise from many drivers over a short period of time.
It will be installed as standard on the new drift chassis kit the “YD-2SX II” which will be on sale soon.

Y2-202SRE YD-2Eシリーズ用 ラウンドリィ スライドラックセット ¥17,600(税別)
Y2-202SRS YD-2Sシリーズ用 ラウンドリィ スライドラックセット ¥14,200(税別)

ステアリングの動きはレールを支えるベアリングと、偏芯カムのベアリングポストを回転させることで調整しますが、ここではその手順と、さらに作動精度を高めるためのノウハウをお知らせいたします。

 Y2-202 SRE Curve slide rack set for YD-2E series ¥ 17,600 (excluding tax)
 Y2-202 SRS YD-2S Series Curved Slide Rack Set ¥ 14,200 (excluding tax)

The movement of the steering rack is adjusted by rotating the bearings on the supporting rail and the bearing posts are an eccentric cam design. Here we will inform you of some helpful tips to further improve the new steering racks accuracy. We recommend assembling the slide rack itself but leave the bearings and posts loosely to begin with. Please ensure the adjustable bearing posts are temporarily tightened in this position.

まずはスライドラック全体を仮組みします。アルミ製のスライドラックレールとカーボンプレート類は説明書通りにしっかりと固定しますが、スライドラックベースにレールを載せる際に、固定用のベアリングポストはクリアランスを緩めたまま仮固定します。

偏芯カムのベアリングポストのヘッドには一端にマークがありますが、このマークのある側が厚くなっていて、マークをレール側に向けるとクリアランスがきつくなります。上の画像はクリアランスが最も緩い状態ですので、まずはBとCのポストを回転させ、マークが最もレールに近くなるように固定します。BとCは左右対称で無いとレールの動きに左右の差が出来てしまうので、必ず左右対称になるように注意して下さい。

Aのポストがまだ緩い状態ですので、この時点では前後方向にガタがあると思います。ここからAのポストを少しずつ回転させ、クリアランスを詰めていくわけですが、調整前後にはレールを作動させて動きを確認して下さい。

There is a mark on the head of each bearing post that are made into an eccentric cam, the side with this mark is thickest and the clearance becomes tight if you turn the mark toward the rail side. Since the clearance is fully open in the image above, first rotate the posts B and C and tighten the screws so that the mark is closest to the rail. If B and C are not symmetrical, a left and right difference will occur in the movement of the rail, so be sure they are symmetrical.

パーツの個体差もあるので調整範囲が変わると思いますが、撮影に使用したスライドラックは上画像のポストの位置が最適となりました。実際の走行ではごみやほこりの侵入、パーツの摩耗、気温の変化による金属類の変形等によってもクリアランスは変化することになりますので、走行前には一旦サーボロッドを外すなどして、ステアリングが軽く作動することを確認して下さい。


 

Finally post A needs to be adjusted to remove any additional play. From here, gradually rotate the A post to take up the play, but please operate the rail by hand before and after adjustment to check that the movement is still smooth on the bearings, if it’s set too tight it will damage the bearings and the rack. Although our manufacturing tolerances are the closest they can be the adjustment range may differ and it’s possible to have slight differences in the parts. Most of the time the position of the posts on the top image is the optimal position for the slide rack. After a while the clearance may change due to dust ingress and wear. Metals also expand slightly with changes in temperature, so before driving your chassis we recommend removing the servo link and confirm that it still works perfectly with no binding or excessive play. The bearings we use are of the highest quality and will work for many cycles if set correctly with no binding. Adjustment of the bearing posts can take a lot of play from the front and back of the rail but there is also a slight clearance in the vertical direction. This is there to ensure that your new steering rack operates smoothly right away and does not cause premature wear of the aluminium or carbon parts.


 

ベアリングポストの調整はレールの前後方向のガタを取ることが出来ますが、実は上下方向にもわずかなクリアランスがあります。上の画像はスライドラックを真横から見たものですが、ベアリングの厚みよりもアルミ製レールの厚みを大きく作っていますので、ベアリングの上にわずかなクリアランスがあります。これは公差というもので、パーツの個体差を吸収するため等に設けられたクリアランスなのですが、実際にステアリング周りを組み上げてみると上下のガタが気になってしまいます。

The image above is from the side of the slide rack, since the thickness of the aluminum rail is larger than the thickness of the bearing, there is a slight clearance above the bearing. This is there to absorb any individual differences of parts etc. but if when you assemble the steering and find there is a lot of play you can also remove any up and down play if you require. Simply add a shim between the bearings on the posts to reduce the clearance until any play has gone. Once you have done the following please check the movement is still smooth and be aware that decreasing the clearance may have a negative effect on the wear rate of parts or cause binding if it is done incorrectly.

そこでベアリングの間にシムを追加し、クリアランスを減らします。あくまでクリアランスは”必ず軽く作動する”ことを目的に設けられていますので、そのクリアランスを減らすということは動きが悪くなる可能性もあるということを認識しておいてください。

使用するシムはφ4.0 ステンレス スペーサーシム(ZC-S40S●450)で、0.05mm、0.1mm、0.2mmの厚みのシムがセットになっています。いくつか製品を計測してみましたが、レールの厚みは約6.0mmで、ベアリング2個の厚みは5.9mmほどでしたので、理論上は0.1mmのシムを挟むことでクリアランスが無くなることになります。もちろん実際にはシムを変えながら理想的なクリアランス(あくまで軽く作動すること前提)を探しますが、まずは0.1mmのシムを使って試してみてください。

The shim we recommend is 4.0mm ID stainless steel precision cut (ZC-S40S 450), 0.05mm, 0.1mm, 0.2mm thick shims supplied as a set. Team yokomo measured many different parts and found the thickness of the rail was about 6.0mm and the thickness of the two bearings was around 5.9 mm, so theoretically there is no clearance when using a 0.1 mm shim. We suggest to try using a 0.1 mm shim first and check if this is good with less free play.

レールのガタつきが無くなることで、ステアリングのレスポンスは大きく変わると思います。場合によってはステアリングジャイロのハンチング(誤動作)にも影響があるようですので、慎重に組み上げることがより良いマシン性能につながると思います。

ただし実際にはベアリング内部の公差なども存在しますので、まったくガタが無くスムーズに作動するというのは難しいと思います。ほこりが付着して動きが悪くなったり、ベアリングに負担がかかり過ぎて傷めてしまうようなこともあり得ますので、適度な調整を心掛けてください。

The response of the steering will change by adjusting the slide rack to have minimal play. In some extreme cases the gyro can over compensate (malfunction) if there is excessive play in the steering affecting the stability and feel of the chassis. We believe careful assembly will lead to better chassis performance.

Please also remember the tolerances inside the bearings can change, especially with precision parts adjusted to give optimum performance this makes it difficult to keep smooth without any play at all. For future maintenance and smooth operation please check the steering regularly for any binding.

SHARE