TOPICSNEW-RELEASE

NEW-RELEASE
NEW-RELEASE 新製品

FWDツーリングカー BD10F新登場!
FWD Touring car BD10F Debut‼

 ハイエンドツーリングカーBD10のコンポーネントを生かし、FWDドライブに最適な重量配分を実現した競技用FWDツーリングカーBD10Fが新登場します!
 バルクヘッドやサスアームなどはBD10LCと共通としながら、メインシャーシやモーターマウントなどの変更でFWD化を果たした純競技用のFWDツーリングカーです。フロントに配された専用ウエイトやフロント寄りのモーター位置により、加速時に必要なトラクションを確保しつつ、いっぽうで重量増による過度なステアリングレスポンスを解消するため、ロングベルクランクによるアッカーマン比の変更で、ニュートラルなステアリングフィールに設定しています。
 リヤ周りではスムーズな作動に定評のあるAXON製ショックに加え、シンプルながら振動を打ち消す効果の高いマスダンパーを採用し、リヤグリップを高めてコーナーリング旋回時の失速を防いでいます。
 もちろんこれまでに発売しているBD10用オプションパーツも共有できるものがあり、消耗品パーツの共有化も含めてランニングコストを低減可能。BD10譲りの性能でにわかに高まりつつあるFWDツーリングカーシーンを牽引する。最先端レーシングマシンです。

Introducing the BD10F competition FWD touring car, which utilizes the components of the high-end touring car BD10 and realizes the optimum weight distribution for FWD drive!
The bulkhead and suspension arm are the same as the BD10LC, but it is a pure competition FWD touring car that has been converted to FWD by changing the main chassis and motor mount. The dedicated weights on the front and the position of the motor near the front ensure the traction required when accelerating, while eliminating the excessive steering response due to the weight increase, by changing the Ackerman ratio with the long bell crank, it is neutral. It is set to a good steering feel.
Around the rear, in addition to the AXON shock that has a reputation for smooth operation, a mass damper that is simple but has a high effect of canceling vibration is adopted, and the rear grip is raised to prevent stall when turning cornering.
Of course, there are some optional parts for BD10 that have been released so far that can be shared, and running costs can be reduced, including sharing of consumable parts. It is a state-of-the-art racing machine that leads the FWD touring car scene that is suddenly increasing due to the performance inherited from BD10.

BD10F Specification

■ ベルトドライブ FWD ツーリングカー
■ フロントミッドモーター レイアウト
■ フロント バンパーウエイト
■ スライド式 モーターマウント
■ ロング ステアリング ベルクランク
■ 真鍮製 フロント 六角ハブ
■ リヤ マスダンパー

■ Belt Drive FWD Touring Car
■ Front mid motor layout
■ Front bumper weight
■ Slide motor mount
■ Long steering bell crank
■ Brass front hex hub
■ Rear mass damper

フロントバルクヘッド直前に配置されたウエイトは90g。加速時のフロントの浮き上がりを抑え、接地感を高めて加速トラクションを獲得します。

The weight placed just before the front bulkhead is 90g. It suppresses the lift of the front when accelerating, enhances the feeling of ground contact, and acquires acceleration traction.

フロントのホイールハブはブラス製で、ステアリングレスポンスを若干マイルドにするとともに、トラクションも高めます。

The front wheel hub is made of brass, which makes the steering response slightly milder and enhances traction.

ステアリングベルクランクにロングタイプ(20mm)を採用し、アッカーマン比を最適化。フロントヘビーなFWDツーリングカーでも、ニュートラルなステアリングフィールに設定しています。

A 20mm long type steering bell crank is used to optimize the Ackermann ratio. Even the front-heavy FWD touring car has a neutral steering feel.

モーターをフロント寄りのミッド搭載しています。サーボの位置変更やショートLi-poバッテリー仕様とすることで左右バランスを整え、FWDツーリングカーに最適なバランスを獲得しています。

The motor is mounted on the mid near the front. By changing the position of the servo and using a short Li-po battery specification, the left and right balance is adjusted, and the optimum balance is obtained for the FWD touring car.

ナローサスマウントとワイドホイールハブを使用し、サスアームを内寄りに設定してレバー比などを見直しました。

Using a narrow suspension mount and wide wheel hub, the suspension arm was set inward and the lever ratio was reviewed.

リヤに配置したマスダンパー。円筒状のウエイトがフリーに動くことで、振動や衝撃を吸収してリヤタイヤの接地感を高めます。

A mass damper placed at the rear. The cylindrical weights move freely to absorb vibrations and shocks and enhance the feeling of ground contact of the rear tires.

SHARE