TOPICSNEWS

NEWS
NEWS ニュース

ドリフト走行に最適なプログラムを初期搭載したBL-PRO4D/BL-RS4D
BL-PRO4D / BL-RS4D with preloaded program that is optimal for RC DRIFT

ヨコモのBLシリーズESCがドリフトに最適なスペックをまとって新登場! ヨコモ ドリフトチームがテストを行い、ドリフトスペック モーター10.5T、13.5Tを使用時にドリフト走行に適した設定となっています。さらに下記設定をご参考にして頂くことで、BL-PRO4D/RS4Dの性能を最大限に発揮し、快適なドリフト走行をお楽しみ頂けます。

注意
●10.5T未満のモーター(8.5Tなど)を使用する場合には、設定の変更を行う必要が出てきます。特にブースト値を低くする必要があります。モーターが高回転になりすぎて破損する恐れがあります。
●モーター進角は標準から上げることはしないで下さい。モーターが高回転になりすぎて破損する恐れがあります。
●走行中に著しくモーター温度が上がった場合、走行を止めモーターを冷やして、ギヤ比ブースト値を調整して下さい。(ブースト値を下げる方向で調整)

Yokomo’s BL series ESC emerges with the best specifications for drift! Team Yokomo has been tested and found the best set up for 10.5T and 13.5T Drift spec motors. By referring to the settings below, you can enjoy the comfortable drift driving by demonstrating the performance of BL-PRO4D / RS4D to the fullest.

Alert
●ESC set up need to be changed for adapting less than 10.5T motor (such as 8.5), Boost rate need to be reduced, otherwise the motor will be broken due to super high rotation.
●The advanced timing shall never increase from the standard set up.  Otherwise, the motor will be broken due to super high RPM
●Once the temperature of motor increased, please stop the car for cooling down the motor. Gear ratio and Boost shall be down from the original set up.

RWD 推奨ギヤ比

モーター/Motor 走行路面/Surface スパー /Spur ピニオン/Pinion ギヤ比/Ratio
10.5T
(進角 標準
/Standard Timing)
Pタイル/P-Tile 90T 18T ±2T 1:12~14
コンクリート/Concrete 90T 18T ±2T 1:12~14
アスファルト Asphalt 84T 19T ±1T 1:10~12
カーペット Carpet 84T 23T ±3T 1:8~11
13.5T
(進角 標準
/Standard Timing)
Pタイル/P-Tile 84T 19T ±1T 1:10~12
コンクリート/Concrete 84T 19T ±1T 1:10~12
アスファルト Asphalt 84T 23T ±2T 1:9~10
カーペット Carpet 84T 25T ±3T 1:8~10

AWD 推奨ギヤ比

モーター/Motor 走行路面/Surface スパー /Spur ピニオン/Pinion ギヤ比/Ratio
10.5T
(進角 標準
/Standard Timing)
Pタイル/P-Tile 90T 23T ±2T 1:8~10
コンクリート/Concrete 90T 23T ±2T 1:8~10
アスファルト Asphalt 84T 26T ±3T 1:7~9
カーペット Carpet 84T 26T ±3T 1:7~9
13.5T
(進角 標準
/Standard Timing)
Pタイル/P-Tile 84T 26T ±3T 1:7~9
コンクリート/Concrete 84T 26T ±3T 1:7~8
アスファルト Asphalt 84T 23T ±1T 1:6~8
カーペット Carpet 84T 27T ±4T 1:8~10

プログラム項目 及び 効果/Programming Items and Efficiency

■ パワーカーブ/Power Curve 3~8の間で使用、路面グリップが低い場合、数値を低くすることで路面グリップを捉えやすくなります。
In case if use Power Curve in between 3 to 8, you will be able to get more grip once you select more small numbers.
■ スタートパワー/Start Power 路面グリップが高いほど数値を上げ、初速時の速度を向上させることができます。
In case of high grip surface, set up high rate for increasing the starting power.
■ ドラックブレーキ/Drag Brake 0~30%の間で使用、低グリップ路面では数値を上げることでオーバーステアを抑制することができます。
Must be in between 0-30%.  In case of low grip surface, increase the rate for preventing from oversteering.
■ ブレーキ周波数/Brake Freq 数値を上げることでマイルドなブレーキが可能となり、減速時のマシン姿勢が安定するようになります。
Break Frequency need to be higher set up for the mild break, then the behavior of the car will be more stable at breaking.
■ モーター周波数/Motor Freq 数値を上げることで、初期空転を抑えやすくなり、マシンコントロール性が向上します。
プログラム変更には専用のプログラマーが別途必要となります。
Increasing Motor Frequency will have more stable car control to prevent from wheel spin at the start.

プログラム変更には専用のプログラマーでの変更、もしくは専用Wi-fiモジュールを接続の上、スマートフォンアプリでの変更が別途必要となります。

Increasing Motor Frequency will have more stable car control to prevent from wheel spin at the start.
Special Programming card will be needed in separately.

★ BL Programmer   BL-YBP4    2,700 JPY

★ Wi-Fi module    BL-WM    4,700 JPY

SHARE