TOPICSNEWS

NEWS
NEWS ニュース

夏季のバッテリーの取り扱いに関するご注意
Battery safety guide

いつもヨコモ製品をご愛顧頂き誠にありがとうございます。

日差しも強まり、RCカーを走行させるのには最適なシーズンとなりましたが、高温期にはバッテリーのトラブルに関するお問い合わせも多く寄せられ、特に注意が必要なシーズンでもあります。

走行用のバッテリー、特にリチウムポリマーバッテリーは高温となる条件に弱く、充電時や保管時にも30℃以下を推奨しております。バッテリーやリポバッグに直接太陽光が当たるような条件やマシンに搭載したままでの充放電、高温になるような場所での保管は絶対に行わないようにお願いいたします。例えばサーキットに行く際に車をお使いの場合、走行後に車内にバッテリーを置いたままにすると、状況によっては車内の温度が70~80℃に達することもあり、かなり危険な状況と言えます。充電した状態のリポバッテリーが高温下にさらされて内部破損すると、発火などの危険性もありますので絶対に行わないようにお願いいたします。

これらの原因などで破損・劣化したバッテリーは、内部にガスが発生してケースが膨らんだような状態になりますが、そのようなバッテリーはただちに使用を止め、絶対に充電を行わないようにして下さい。使用できなくなったバッテリーは下記の手順にて廃棄をお願いいたします。

Firstly thank you for using Yokomo products.

The summer season approaches, it brings perfect weather for running RC cars. During the hot summer months we have many inquiries regarding battery problems, its a season that requires special attention and care running your batteries, especially lithium polymer (Lipo) batteries.

They are vulnerable in high temperature conditions, and we recommend 30 ° C or less during charging and keeping them in storage.

Do not charge or discharge the battery, place your Lipo charge bag directly under direct sunlight or charge it whilst it is in your Rc model and never store it in a place where it gets hot.

For example, if after you use your model, leaving the battery inside after driving may affect the battery as the temperature in the car can reach 70-80 ° C depending on the situation, which is quite dangerous. If a rechargeable lipo battery is continuously/repeatedly exposed to high temperatures, it gets damaged increasing the risk of fire. So please remember to remove the battery when you are finished.

A battery that has been damaged or degraded due to excessive heat will generate gas inside and cause the case to swell up, when this happens the battery should not be used and should never be recharged.

Please dispose of the unusable battery adhering to the following procedure:


バッテリーの廃棄手順

リポバッテリーが入る大きさで500cc以上の水が入るガラス容器、ポリバケツ等に、塩水(水500gに対して塩10g、小さじ山盛り2杯分程度)を準備し、その中にバッテリーを完全に浸してください。約2週間程度で完全に放電します。
電池機能が無くなり発火の危険が無い安全な状態にしてから廃棄して下さい。
※基本的にはバッテリー内部の電気を全て抜き去って、発火の危険性を無くしてから、不燃ごみ、もしくは可燃ごみとして捨てるようにしましょう。(各自治体によって、ごみの分類が異なりますので、自治体の指示に従ってください)
自治体で回収を行っていない場合は、ヨコモで処理致しますので、バッテリー機能を無くし、端子部をテープ等で絶縁した状態で、ヨコモアフターサービス部宛までご返送下さい。  (弊社までの送料はお客様ご負担となりますのでご了承下さい)
※これらの作業は幼児、小児の手の届かない場所で行って下さい。


Prepare salt water (10g of salt for 500ml of water or around 2 heaped teaspoons) in a glass container, large bucket, etc. with a size of 500ml or more so it immerses the battery completely. It will completely discharge to a safe level in around 2 weeks.

※ This procedure will remove all electricity from the battery will eliminate the risk of fire.

Allowing you to responsibly dispose of it as non-combustible waste. (As classification of refuse varies, please check with your local government)

※ Please always keep any batteries (regardless of condition) out of reach of infants and children.

SHARE