TOPICSNEW-RELEASE

NEW-RELEASE
NEW-RELEASE 新製品

レーシングパフォーマー DX1 Type-R ブラシレスモーター(チタンシャフト仕様)
Racing Performer DX1 Type-R Brushless Motor (Titanium Shaft Specification)

RPM-DX105RT/DX135RT レーシングパフォーマー DX1 Type-R ブラシレスモーター(チタンシャフト仕様) D7.25 × d12.5mm 10.5T/13.5T 各¥12,000(税別)

ドリフトユーザーのベストセラーモーターであるレーシングパフォーマーDX-1 Type-Rをさらにファインチューン!軽量高精度なチタンシャフトローターを採用し、Type-Rの出力特性をさらに引き上げます。ローターが軽量になることでスロットルがスムーズに吹け上がり、磁力の最適化で高回転の伸びも実現し、スピードコントローラーの機能であるブーストやターボとの相性も抜群です。スチール製シャフトに比べて熱ダレにも強く、長時間の走行でも最大限の効率を引き出すことが可能です。

また、スロットルオフでの回転の降下が滑らかになることで、コーナーでの転がり感を出すことができ、スムーズなフィーリングと相まってコーナーリング中のコントロール性能もワンランクアップ。Pタイルやアスファルトなどの低ミュー路面でも迫力と安定感を両立させた走りが可能です。

Fine tune version of the racing performer DX-1 Type-R, which is the best-selling motor for drift users. A lightweight and highly accurate titanium shaft rotor is used to further enhance the output characteristics of the Type-R. Lighter rotor makes the throttle to blow up smoothly, and the optimization of the magnetic force realizes high-speed extension, and matches well with the boost and turbo functions of the speed controller. Compared to steel shafts, it is more resistant to heat dripping and can maximize efficiency even when running for long periods of time.

In addition, by smoothing the descent of rotation when throttle is off, you can get a feeling of rolling in the corner, and the control performance during cornering is upgraded in combination with the smooth feeling. It is possible to run with both power and stability even on low mu road surfaces such as P tiles and asphalt.

SHARE