TOPICSNEWS

NEWS
NEWS ニュース

ワザ伝プロジェクト in ふくしま に参加
Joined with Waza Den Project in Fukushima

3月10日に福島県福島市にあるこむこむ館にて、あんしん財団様、こむこむ館様共同主催の「ワザ伝プロジェクトinふくしま キッズワークショップ2018」に、ヨコモから広坂正美・川上哲弘の2名が講師として参加致しました。

ワザ伝プロジェクトとは?

日本の未来を担う子供達や親子を対象に企業とNPOが共同し「日本のモノづくり」を学び、体験するワークショップ型イベントです。今回のイベントは11の企業、団体、学校から特別講師の方々が参加され、日本の伝統工芸「水引」やアナウンス体験講座、紙コップロケット、江戸風鈴の絵付けなど、古くから伝わる技術から最新技術まで、幅広い種類のイベントが行われました

 オープニングセレモニーでは、各講師陣の紹介やこむこむ館館長様からロープを使用した手品ショーなどが披露され、大盛り上がりの中イベントがスタートしました。

 オープンと同時にラジコン教室の入り口には長蛇の列ができ、ラジコンに興味深々な対象の小学3年生から6年生までの子供達が集まりました。ラジコン会場はこむこむ館内にある「わいわいホール」にて行われ、ブース出展やピットスペース、コースなどを特設で作製し、ホール内は普段体験することのできない新鮮な雰囲気に様変わりしました。

 講座内容は、タイヤの組み付けやバンパー取り付けなどを、川上によるモニター説明にて子供達に教え、実際に走行させられるところまで組み上げます。その後レースを行い、優勝者は広坂とチャレンジレースを行うという内容で進行しました。

 参加者の中には女の子も多数おり、男女問わず楽しむ事ができるのもラジコンの良さです。力の必要な作業は男の子達が手伝うなど、ラジコン以外にも学ぶことができたように感じました。

 今後もヨコモとして、子供達を笑顔にできる様々なイベントを企画中。是非ご期待下さい!

SHARE