TOPICSNEWS

NEWS
NEWS ニュース

2018 IFMAR世界選手権に向け、新型12分の1レーシング マシンの開発が最終段階に突入!
Development of the new 1/12 racing car chassis entered the final stage for 2018 IFMAR world championships!

2018年8月9日から南アフリカで開催されるIFMAR世界選手権 電動オンロード カテゴリーに向け、新型12分の1レーシングの開発が急ピッチで進んでいます。前回の世界選手権ではTQの獲得をはじめ、3台のYRX 12がAメインに進出しながらも、レーシングアクシデントで惜しくも総合2位となった雪辱を果たすため、開発の北川直哉をはじめチーム一丸となって開発に取り組みました。

For the IFMAR World Championship Electric On Road category to be held in South Africa from August 9, 2018, the development of a new 1/12 Racing is in progress at a rapid pace. In the last world championship, Yokomo YRX 12 achieved TQ, and three cars are in A main, but now the designer Naoya Kitagawa is in a final stage to complete new YRX12 push back to the world champion again.

現行のYRX 12のコンポーネンツを生かしながら、新型アルミ製メインシャーシに新型フロントサス システムを搭載。さらにハイサイドに対応したピッチングダンパーの設定など、世界トップレベルのレースを意識したモデファイを施しながらも、フロントサスは扱いやすいキングピン&コイル式にも対応するなど、セッティングのしやすさも考慮した実戦的なマシンです。

製品の発売は2018年7月頃を予定しており、もちろん全日本チャンピオンの江袋 兎々選手をはじめ、柳澤 良安選手、柳澤 利亘選手らもこのマシンで世界選手権に挑戦いたします。是非ご期待ください!

While utilizing the current YRX 12 components, a new front suspension system is installed in the new aluminum main chassis. Furthermore, while applying modifying with conscious of the world top level race such as setting of pitching damper corresponding to the high side, the front suspension also supports kingpin & coil type which is easy to handle, such as actual warfare considering the ease of setting at new car.

The product is scheduled to be released around July 2018, and of course all Japan champions Toto Ebukuro, Yoshi and Toshi Yanagisawa brothers will also be competing in the world championship with this new car. Please stay tune!

SHARE